Novosoft Home Page
トップページへ  
 
 






Get a Quote!







  日本向け開発体制


日本向け営業方針

  • アカデムガラドクのITシーズを日本に売り込む
    アカデムガラドクの研究機関、IT企業、技術者など、ロシアのシーズを日本に紹介し日本企業と共同で研究、開発、商品化をめざします。特にロシアの製品、半製品、アイデア、人材、開発チームなの活用を日本に提案します。
  • 開発チーム
    日本企業向けの、ロシアのIT人材を使った開発チームを低コストで編成し、更に高品質とロシア人の発想という付加価値をつけて日本に出していきます。 ロシア市場向けにに日本製品や技術を導入する。
  • 日本製品をロシア市場に展開
    日本の商品、サービスをロシア市場に展開するため、日本企業と協力します。また日本の品質管理技術を習い、高品質製品をめざします。 アカデムガラドクと日本のITパークとの連携をすすめる
  • ITパーク間提携
    アカデムガラドク(ロシア科学アカデミーシベリア支部がある学術研究都市)と日本の各地のITパークとの技術交流、人的交流をすすめます。


日本向け開発体制

  • 日本人技術者、技術と日本語がわかる開発担当者、日本在住経験のあるマネージャ、日本語翻訳者が顧客とロシア人技術者の橋渡しをします。言葉の壁を意識することなく、開発協力が可能です。
  • 日本人クライアントとの連絡は、E-mail、電話、FAXを通じて、日本語で行われます。日本語の仕様書を提示していただければ、翻訳後、技術者が開発し、プロダクトの言語部分を日本語に変換後、納品いたします。作成されるマニュアル等も日本語です。
  • 必要に応じ、日本人技術者が開発作業に直接携わり、日本のソフトウエア技術者と同等の働きをします。
  • 仕様があいまいな場合、仕様変更が発生した場合でも、頻繁な連絡を通じて(主にE-mailによる)最適なソリューションをご提案していきます。
  • 開発初期にプロトタイプを作って仕様を確認します。開発途中の仕様変更にも柔軟に対応します。また納品後のバグ対応も丁寧に行います。