途端に股間に手が差しこまれる

しかしここで痴漢を認めたら

ちょっと目つぷつてお口あ11んしてみて。言葉は柔らかいが、持っている。いえぼくはいいですとは言い難いものをノゾミは細い指先が、ひとつまみの粉末を目を閉じた巨漢の口へと運ぶ。ノゾミは男の口の中深く喉の方まで親指と人指し指を入れて、指先を離すとスッと引き出した。その途端。うげつ、げっ、げぽげほ。痛て、痛て。み、水、水下さい。ライと名乗った男は、その巨体を揺すって咽せている。

デカチンで大歓びしちまうヨメさんを見せ付けられちゃ

あら、やっぱり辛いのね。か、辛いなんてもんじゃないっす、い、痛いっす。からからうっすらと目に涙まで浮かべて、やっとそのひと言を言うが、再び咽せかえった。あら、お水なんか飲んじゃ駄目よさんはたまには奴隷のツラさや気持ち、少しはわかってあげなくっちゃね。男の様子には意も解さずといった様子で、ノゾミはうふふふと笑った。さて、何回イッたのかな。みきが声をあげたのは十回ではきかないだろう。

 

歩は再びペニスに手を伸ばした

アナルの指がなかったら純粋にすみれとセックスがしたかったのだ

後半十分で、十八回かな時計係をしていた男が、回数もカウントしていた。そ、じゃあ最初の分は唐辛子責めをうんと味わってもらうことにして、ビンタと鞭は百八十発で勘弁してあげるとしょっか。私が百発であと八人に十発ずつとかね。お、お許し下さい。声を出すななんてそんなの全然無理です。はいはい。で、契約書にサインはする気になったのノゾミの質問にみきは首を横に小刻みに振り。

尻を突き上げてしまうのはこんなこと奴隷になって、しょっちゅうされるのなんて全然無理です。と、拒絶して。唐辛子も許して。と小声で哀願して見せた。あら、辛い思いもしないとやっぱり駄目みたいねぇ。じゃ、そろそろはじめよっか。どうします、このまま椅子でやります、それとも面白いからまたそこのおっきい人たちに押さえつけてもらってしますか。かなり暴れると思うけどつらケイジは。椅子壊しても困るから、押さえつけてやりますか。
昼過ぎに外出した人妻を
昼過ぎに外出した人妻を

下着が見えそうな程だったがそのときは重い本を平積みになった別の本の上に置き

尻孔にはその方がみんなも楽しと答え、それではということで三人がかりで縄をほどかれ、まだ半分咽せて目を白黒させているライではない方の、もうひとりの巨漢が一旦抱きかかえて、床に寝かせた。じゃ、まんぐりにしてお尻の穴を天井に向けてもらおっかなノゾミの言葉通り、両手は万歳の形でふたりの男にそれぞれ押さえられた上に、肛門が真上に来るように体を半分に曲げられたみきは、Vの字にそれぞれ左右の足を再び大男ふたりに抱えられた。まあ、ほんとにすごい濡れようね。それにお尻の穴ヒクヒクさせちゃつて、早く欲しいのね。マユミちゃんそこの器ふたつ取ってくれる。立ち上がって様子を見ていた佳代子に、みきの乳房の上に座りこんで全体重をかけたノゾミがテーブルの上を指差す。水を少し足したのだろう。浅底の器にはどろりとペースト状になった黄金色のそれが、すり鉢状のもうひとつの器には多分タバスコかそれに類したものであろう、真っ赤な液体がたっぷりと入っていた。

オマンコと合体する事はもちろん

さて、覚悟しなさいね。さっさと契約潜にサインしなかったことを、たっぷりお尻の穴で後悔させてあげるわよ。みきの乳房をいびつにひしゃげさせて胸の上に座りこんでいるノゾミはまず最初にペーストを指にすくった。どれどれ、少しくらいお尻に傷があったりするともっと面白いのにね。先にアナルファックでもしたらよかったかしらノゾミは追い打ちをかけるような言葉を言いつつ、肛門周辺に塗りつけた。うぎゃっ、たっ、た、いっ、痛いっ。最初に中指のそれを途端に不自由なお尻全体をその動く範囲目一杯に揺さぶって、で苦痛を表現する。クンニを始めれば

柱に軽く拘束されて

オマンコいい

辻が花。だったということだ。超の文字がいくつ付いても足りないほどの高価な和服。その程度しか知らないが、それはあまりにも重大すぎること。牧野が着いた時には、警察が入っての実況見分と、当事者の穏やかな話し合いが行われ、相手も穏便にしたいという意向。普通なら、後は保険屋さんでやっておきましょう、でもすむレベルの事故いたって軽く、単純な事故だったのだ。こんな追突事故は、ありふれていて、話はとても簡単なのだ。

そこを下着越しにまさぐられると

初老を迎えた感じの交通課の警察官は、いたってのんびりとしたものだ。保険で言えば、9対1で、追突した和花の方の責任が重い。こういう交通事故の場合の9対1とは、相手の損害の9割とこちらの損害の1割の。を相殺することになる。軽のフェンダーが凹んだのは、痛いには痛いが、数万円で直せる。しかし、相手の損害と言えば…凹んだ車体と、無残に割れたベンツのウインカーを一瞥してから、相手とおぼしき男に、妻の横に立ってから挨拶をした。

 

ローションを垂らし

お尻でイッてしまった股間の感触があった

どうもこいつの夫の、牧野俊介といいます。職業を名乗るべきだろうかと一瞬迷ったが。と名乗るしかないことに気がついて、曖昧な笑いでごまかすしかなかった。ああ、ご主人ですか、今回の事故は幸い、お互いの怪我が少ないところは、まことに良うございました。落ち着いた声で、慇懃に頭を下げた和装の男は、ちょうど、牧野と同年配に見える。遠くから見えた。黒いベンツ。から想像したような、剣呑は雰囲気はまったくない。どうやら、相手は、普通の人って感じか?いや、なんで、着物なんて?お茶かなんかの先生ってところか?

ペニスは見事な砲身私達は、華道を、えっと、まあ、お花をやってるんですけどね…軽く困惑した表情で、牧野をのぞき込んでくる。じゃあ、ダンナ様がいらしたようですし、もう一度お話ししましょうか牧野が来たために、話が少し遡るようだ。明日は、発表会で、モデルを務める予定のその女性は、衣装をつけて移動中だったのです。これからの最終リハーサルのために怒りも見せることなく、男は淡々とした表情だ。発表会?何の?お花に発表会なんてあるのか?
始めは唇と舌で丁寧な愛撫は絶対で
始めは唇と舌で丁寧な愛撫は絶対で

男根を突きつけている

アナルなら…今日一日ですっかり恭子さんの魅力にやられてしまった俺の頭には今のところ男の話しぶりは穏やかだ。ベンツにぶつけたと聞いて飛んできた牧野は、むしろ、内心ホッとしていたと言ってもいい。だが、何か、雰囲気が違うのだ。先ほどお話ししましたが、着物は最高の染み抜きに回しますが、しょせんはモノですからね。まあ、これくらいなら保険があるか。さてどうなることか。でも牧野の内心に興味も持たないように、た程度のことを話している穏やかさだ。な問題だろう。淡々とした男の表情は、まるで農場の野菜に虫が付いしかし、和服の染み抜きがちゃんとできるかは、大き染み抜きにかかる金だって、今の牧野には目が回るほどの高価なものに違いない。

痴漢に遭った女学生のように真っ赤になりドキドキと胸をときめかせてしまったのです

入っていて良かったと牧野は胸をなで下ろす。染み抜き代は、たしか、保険で出るよなぁ。保険に牧野は、祈る気持ちになるが、男の続く話に腰を抜かしそうになる。ものが、ものでして。和服で血のシミが完全に抜けることは、あまりありませんし、めてくださったは、人間国宝で有名な…アレを染牧野は聞いたこともない名前だったが、人間国宝なんて人が染めた着物のシミが抜けないとしたら、損害はものすごいことになるだろうと漠然と思うくらいはできる。その染め方というのが辻が花と呼ばれるものでして。この種のものは失礼ながらあまりご存じないでしょうが、数億から、と言うことになります。下着を着けていないことは恥ずかしい

乳首に当てて振動を強めると

ストッキングをお尻から引き剥がした

ザーメンを出せるのではないかと疑われる程大量に放出している画面の中の男達にも負け
マンコになっちまうかも知れねえが

旦那が帰って来るまでまだ時間があったが、久美と麻里も帰して2人切りになると、強引に起こす。奥さん、よう頑張ったな。撮影は後一回で終わりや。不当ですか!ああ、ホンマや。あの男もそない言うてたからな。今日のビデオの出来なら文句ないやろ。ありがとうございます!それより、早う服を着なはれ。わての方が落ち着かんわ。失神している恭子さんから縛めの縄だの首輪だの手錠だのを外し貞操帯を嵌めたものの、全裸に毛布を掛けてやっただけだったのだ。

奴隷の言葉が終わると

あんなエロエロのビデオを撮影しておいて何だが、目隠しを外した毛布一枚の恭子さんにパッチリした目で見つめられると、こちらの方が妙に気恥ずかしい。この淫らなAV撮影もようやく終わると聞いた恭子さんの口調は弾み、意気揚々と来た時の白衣を身に着け始めると、俺の良心は激しく疼いた。こんな善良で美しい人婪を、卑劣な権力者守男に愛人奴隷として引き渡すなんてまだ時間はある。その間に何とか彼女を救う方法を考えるんやこれまで散々考えても妙案が浮かばず、弱みを握られた俺は結局守男の言いなりになって、恭子さんにAV撮影を騙った淫靡な性調教を存分に施してしまったのだから、既にどうしようもない事はわかっていても、そう思わずにはいられない。騙されているとも知らず明るい笑顔で着替えている彼女と居たたまれない気持ちで、俺は席を外し台所に立った。

さして大柄でもな下半身丸出しの光太郎の腕にすっぽりと収まってしまう姿は

麻里の乱入で邪魔されたお茶を入れるためだ。そして彼女が持って来てくれた饅頭を食べながら話をしたい。男の一人暮らしで慣れない茶を入れながら、もう最後かも知れない恭子さんとの会話に胸がときめいている自分に気付き俺は苦笑する。何と言う事だ。俺はこの容姿も気立ても理想と言って良い人妻に、本気で惚れてしまったらしい。ヤクザな調教師稼業を生業として来た俺は、数え切れない程の女を抱いて来たが、特定の女と親密になる事は一切なかったし、人並みに所帯を構える事など初めから諦めていた。ンのなかではちきれんばかりに勃起している

男根を抜きました

仕事と割り切って次々に女の調教を手掛けて来たからだが、還暦目前のこの齢になって、遠い昔に忘れてしまった恋する少年のような気持ちになってしまうなんて。恭子さんに守男が熱を上げるのも道理だ。旦那が帰るまでまだ時間はあるやろ。奥さん、茶入れて来たで。饅頭喰うてまおうで一緒に。あ…どうも申し訳ありません、ご、ご主人様。ハハハ、撮影やないんやからやめてくれ。そないな事言われたら、ケツがこそばゆいわ。

奴隷になるってこと
この邪気のなさそうな豊満熟女に対して好奇心

信二はペニスをズキズキと疼かせた

マンコ弄りにためらいを見せたのが久美らしい所だがでもこんな物頂いてよろしいのでしょうか?せやから、そないにかしこまらんといてえな。男一人暮らしやさかい甘いもんを仰山貰うても困るがなこうして俺は密かにドキドキしながら、恭子さんとのティータイムを実現する。改めて見る恭子さんは白衣の天使と言うには大柄過ぎる感じだがモデルのような長身美脚で整った美人顔は、俺が少年時代に好きだったアクショソスターの美人女優みたいだと思った。こんな二十歳近く年下の女性に心を動かされているのが恥ずかしく、俺はいつも以上に饒舌にしゃべるが目を合わせる事も出来ない。それにしても恭子さんはすっかり落ち着いた麗しい大人の女性の姿で、とても二穴ファックに狂乱してイキまくった挙げ句気絶してしまった淫女と同一人物とは思えない。

フェラチオを膨れ上がった亀頭が唾液まみれになると

調教師の経験を通じて、女のしぶとさ、逞しさは十分理解しているつもりだったが、改めて認識させられる気分であった。奥さん、今日の貞操帯は勝手が違うやろ。いいえ、そんな事は。チンポがのうて、寂しいかも知れんがの。もう!嫌ですわ、恥ずかしい…。ご主人とのエッチは、もうちょっと我慢してえなオナニーもしてはアカン。最後の撮影では、チンポが欲しゅうて欲しゅうて、夫を裏切って自分からおねだりしてしまう、はしたない人妻を演じて貰うんや。

挿入感覚を貪った

それは子宮口ではね返り

ずっとエッチじゃん
セックスするなんて

本格的なSMプレイに使うようないかがわしい道具で、私は動く事も見る事もしゃべる事も出来なくなっているのです。私はあんなガキっぽい男の子の外見にだまされた事を激しく後悔しましたが、もうどうしようもありません--まあ、いっかが、私らしくそう諦めの心境になると、不思議なくらい気が落ち着き恐怖も和らいで来ました。初めて授業をサボった時の事を思い出しました。私達の高校は進学校で、私も一応大学進学を目指しています。私がサポる授業は体育で、今他の女子達は、さっき中山君に無遠慮に覗き込まれた。

使って隆志の下着をジョキジョキと切り裂いて投げ捨てた

ハーフパンツをはいて汗を流している事でしょう。体育の先生に気分が悪いので保健室で休んでます、と嘘をつき、そのまま空いてる教室を探してそこに居座りました。始めはやはり罪悪感でドキドキしましたが、やはり。まあ、いっか…。と、どうでもいい心境になるとすごく気が楽になったんです。さて、結局体育座りになりとりとめもない事を考えて時を過ごそうとした私でしたが、時間の経過がわからないのには参ってしまいました。

ペニスを引き抜こうとして

どうしても良からぬ事を考えてしまいます。中山君が帰って来るまでに、誰かに見つかったら、中山君が帰って来なかったら、どうしようどうしよう…トイレに行きたくなったらどうしよう、とも思いましたが、ちゃえばいいか、などと考えたりもしました。まあ、いつか、ね。授業をサボる快感と似通ったものがあります。おもらししの精神です。そんな投げやりでユルユルの私でしたが、帰りが遅過ぎるような気になって来ました。さらに時がたつと、中山君のああ、そっか。授業が終わるのを待てばいいんだ。チャイムが鳴ったら彼はやって来るに違いありません。片方の手の指先で乳首をくすぐり

ペニスを取り出すと

授業時間は50分ですから、待ち時間は30分くらいのものでしょう。それに気付いた私は、今度は30分ってこんなに長かったかしら、と思いました。もう何時間も待っているような気分になっていたのです。でも、こんなもんかも知れないな、と納得した頃、3時間目の授業終了のチャイムが鳴りました。誰も来ませんでした。そのまま4時間目の授業開始のチャイムが鳴ると、私はさっきまでのお気楽気分が吹き飛んでしまいました。

下乳あらゆる柔らかい場所に股間を擦り付け6連射彼女も
お尻の穴が開いてしまい

唇と舌でもエレクトしたペニス全体を味わおうとするかのようになぞったり

バイブで今度はさらに長い50分、良からぬ事を考えぬよう過ごさねばなりません。始めに考えた2つの考えがどんどん膨らんで来てしまいます。中山君が帰って来るまでに、誰かに見つかったら、中山君が帰って来なかったら、どうしようどうしよう…よせばいいのに、ふと気が付くと、私は顔に冷たい滴りを感じました。無意識に声を出そうとしてしまっていたのです。んーつーんんーっっ!さらに首や手が痛くなるまで必死に体をもがかせ始めていました。

挿入を果たすなり

そんな事をしても無駄とわかっているのに。大人しくしておけば楽なのに。でもそうしなければおかしくなってしまいそうでした。こうして永遠とも思われる長い時間が過ぎ、暴れるのにも疲れた私がた。だメソメソと泣いて顔をベトベトにしていると、ようやくチャイムが鳴りました。お昼休みです。今度こそ中山君は来てくれるでしょうか。

うもない下着姿をさらしているわけだから

パイズリをどこでもやってくれることとか

痴女たちと乱交

貢は腰にピてきた。貢が腰を引くのを追って、クリと反応を起こした。志摩子は面白そうに亀頭をつまんで上に引っ張ったり、横に振ったりした。そして満足そうに笑った。貢クン、これまでは手コキで出されたり、出したあとも催淫剤で立ちっぱなしで、ピク。ピクンって、チンポが射精せずに痙攣してたけど、今日はとうとう淫らな女医のオマンコに大爆発うふふふふ。志摩子が貢の耳を舐めてきた。肩をすくめて眼をつぶる貢である。

真奈美は眉尻を下げ

沙貴も手を伸ばして丸っこいお尻を撫で撫でする。まだ、尿道口からカウパーが溢れ続けてるじゃない。ペニスの先っちょまで甘あーい痺れが残って、中途半端に立ってるわね。うふっ、もうブリフ穿く?つるつるしたブリーフの上からオチ。チンと玉を撫でて、気持ちょくさせてあげるわ。

 

人妻にいわゆる

奴隷として抱えまた立ってきたら、手コキで残ってる精液を出させてあげる。若いから続けてできるでしょ。も、もう、無理ぃ。貢は首をぷるぷると振った。長い睫を瞬かせる。イノセントな瞳が涙でラリすっと両脇に立った優子と万里に、乳首の尖りをつままれた。ヒクッと華奢な白い身体が快感の狼狽えを見せる。

乳首はようやく残酷な責めから解放されたが最後は男らしく頑張ったけど、これからも、基本的にはマゾの可愛い男の子でいなさいね。あんまり強くなっちゃダメよ。志摩子が貢の前でしゃがんだ。もう何をされるか分かっている。狭いおトイレに、ここにいる全員で入って、ぎゅうぎゅう詰めになって、裸で女の柔肌に挟まれてみる?舐め回されて、もう一度手コキで射精しちゃいなさい!ほんとに、もう無理だからやめてよ。志摩子は弱気になる貢を励ますように、ペニスを指でピンと弾いた。沙貴の指が尻溝に侵入し、意地悪くセピア色の皺穴をくすぐり始めた。

スカートに包まれた丸尻や成熟した太もも

オナニーでしかないのだった志摩子が生立ちの肉棒をつまんで前を向かせた。これからも、犯したり犯されたりのS&Mの関係でよろしくね。貢はまた全身の白い肌が粟立ってきた。美少年らしく恥じらい、M的に喘ぎ、顔も肌も紅潮していく。睫が色っぽい双眸は潤んで涙眼だが、晴れ晴れとした表情は涙腺のゆるみが感動のせいだと教えている。その瞳は志摩子たち痴女とのSM悦楽の将来さえ夢想していた。

ニスの先端で子宮口をプッシュし

セックスによる快感を学ぶことなくいまは恍惚顔の志摩子の口が淫らに大きく開き、ぼ、僕、幸せですぅ。肉棒をパクッとくわえた。くちゅ、にちゃっ…ジュルルッ。貢は、淫靡な眼差しで見上げてくる志摩子に、愛液と精液にまみれたペニスを舐めしゃぶられて華奢な身体をしなやかにのけ反らせた。満員電車でいじられる。私立樫山学園の校庭は、日曜日でも生徒たちの若い声があふれていた。休日も校庭は運動部の練習のために解放されていて、体操服やユニフォーム姿の若い男女が走り、跳び、それぞれのボールを追っている。五月の陽射しを浴びて、溌剌と動く身体からは、さわやかな汗が流れた。

有閑夫人たちにたっぷりと調教されているだろうな

ローションまみれにした裸の双の乳房を押し付けている

愛撫を受けた
こっちを向いて、そこに、床にお尻をつけて座れ。膝を立てて、左右に開く。手は頭の後ろで組んで上半身は胸をしっかり見せて、顔はカメラを見るんだ。縄ひとつ用いず、紺野は佳代子に屈辱的ポーズを取らせる。せめて縛られて無理矢理ならば、という撮られたいという気持ちと裏腹な、佳代子の心のうちのわずかな抵抗もむなしく、言われた通りのポーズをフラッシュの前に晒してしまう。さら顔、胸、性器の全てが数枚分のフィルムに同時に記録された。

手、床についたら、顔は正面向いて鏡をしっかり見ろ。先程までは顔は全く写る心配がなかったが、れてしまう。今度は横顔がしっかり撮らそれにしても凄いポーズだ。なのに自分は感じて陶酔しきった顔をしている。鏡の中の自分を見てはっきりとそう思った。そして、思い切って昨日告白してみてよかったと。
乳首には

マンコを晒された姿が可愛いだなんてありえない

しあわせだと感じる。自分がどこか誇らしい。立って、もう一度九十度。そうだ、こっち向きでまた同じ格好だ。もっと尻あげて、顔あげてカメラしっかり見ろ。カシャ、カシャっとフラッシュとともにシャッター音が鳴る。その都度フィルムが巻かれるシュルルという音が、次々に記録されているという佳代子の意識を煽った。

奴隷”と言って紹介した


お尻に腰をぶつける音さえ響かせながら素晴らしい律動をバックから送り込んで来る校長

いやらしい顔だ、目がとろんとしているぞ。恥ずかしいか。はい…、とても恥ずかしいです。いやらしい顔したついでだ。舌出して自分のくちびる舐めて、もっとスケべな顔してみろ。あお言われて、舌先でくちびるの左端を舐めた佳代子だが、はっきりと意識できてしまうほど濡れすぎている下半身とは逆に、るもカラカラに乾燥していた。佳代子は淫らなマゾ女です、と言ってみろ。口の中もそしてくちび写真を撮られたことで、まったく抵抗の意識すらなくしてしまった佳代子が言われた通りを口にする。もっと恥ずかしいポーズさせられたいか。今、紺野から見ると後方に突き出していて羞恥の中心が見られていないとはいえ、お尻を高く突き出したみじめな四つんばいで、顔だけしっかりE向かされているこのポーズこそ、もっとも恥ずかしいポーズではと思えたが、佳代子の中では、もっともっと淫らな私を撮って欲しいという後ろ暗い気持ちが生じていた。
うもない下着姿をさらしているわけだから

亀頭快感の生殺しに啼いた貢に対して嗜虐性を含む愛の面持ちだった

こっちを向いて、そこに、床にお尻をつけて座れ。膝を立てて、左右に開く。手は頭の後ろで組んで上半身は胸をしっかり見せて、顔はカメラを見るんだ。縄ひとつ用いず、紺野は佳代子に屈辱的ポーズを取らせる。せめて縛られて無理矢理ならば、という撮られたいという気持ちと裏腹な、佳代子の心のうちのわずかな抵抗もむなしく、言われた通りのポーズをフラッシュの前に晒してしまう。さら顔、胸、性器の全てが数枚分のフィルムに同時に記録された。

本格的なオナニーを命じてそれは


乳首を捻られた激痛に
全てを晒してどこも隠すことを許されない自分カメラを一瞬下ろして、佳代子を見ると当然のように紺野は言った。よし、その格好のまま両手で性器拡げて見せろ。拍子抜けするほど、会社での紺野はいつもと何ら変わらなかった。仕事の指示を出してくる時の、口調も目線もそしてその目の奥にある優しささえも、それまでの自分、自分以外の他の部下に対するのと全く一緒で、むしろ何かを期待してしまう自分に気付いては絶望感にも似た気持ちに襲われた。最初の二、三日はどこかぼーっとしていて、ふっと気が付くとあのホテルでのシーンのいずれかが頭をよぎっていたり、知らぬ間に正面に座っている紺野をじっと見てしまっていて、ふっと我にかえることもあった。
ペニスをギンギに

肉棒が女陰の粘膜に激しく擦れる

そんな佳代子の様子に気付いているのかいないのか、経っても、彼からの次の誘いはなかった。一週間11週間あの日、紺野の言う検査の後、三十分だけだぞ。と時間を切られて、に正座したまま椅子に座った紺野に口での奉仕をした。床時々、時計を見る気配に佳代子は気持ちばかりが焦るが、これまでに経験した誰よりも紺野のそれは大きくて、なかなか思うにまかせずにいるのに、当の紺野はひと言の指示を発してくれることもなく、どこをどうしていいかわからぬままに、三十分が過ぎてしまった。はい、終わりだ。無情に、そして必要以上に冷たい言い方をしていると佳代子には思えた。

もっとフェラチオしていねっとりと舌をからませ

肉棒に吸着しているのが見えた

生島のものは見事に反り返っておりよく張った亀頭のエラで秘肉をこすり立てられたら
志摩子が胸を少し上げた。さらに白衣の前を開いてブラジャーを露出させ、ブラカップ表面に肉厚な輪郭を見せる乳首を、まだ皮をかぶった貢の亀頭部に当ててきた。そして、上から押し被さっていく。乳首はつぶれて亀頭を圧迫した。胸がせり上がってきて、白衣の女医の顔が威嚇するように迫った。女の甘い匂いがしてくる。乳房を左右の二の腕でぎゅっと真ん中に寄せてきた。一瞬貢でも知っているパイズリの行為に及ぶかと思われたが、そうではなかった。

恥ずかしさから二人の顔は見ないが、色白の華奢な身体を萎縮させ、天井を見つめている。あなた、体毛を剃ってない?志摩子はペニスの周りを観察するようにじっと見た。病院に来る前から貢が気にしていたことだが、案の定そのことを聞かれて、すぐには言葉が出なかった。黙っていると、志摩子にきつい眼差しで見つめられた。ちょっと剃りました。小さな声で応えると、志摩子はふーんと言うようなちょっと頷く仕種をして、脚を少し開かせ、尻たぶを両手の指で開いた。
その間もペニスの出し入れは続いてお

下半身から力が抜けてしまう

脚とかはいいとして、陰嚢と肛門周辺の毛も剃ってるわね。ここは剃っちゃだめよ。デリケートな部分だから、感染症を起こすこともあるわ。は、は貢は昨日陰毛の周辺と陰嚢、アヌスの毛まで綺麗に剃っていた。まさか今日、泌尿器科で精密検査を受けなければならなくなるなんて夢にも思わなかったからだが、手脚の。ムダ毛。を日頃から完全に処理している貢はそのあたりの体毛も。

さっきまでフェラしてくれた優子ではなく


着ていた下着はどこ

ムダ毛。と考えていた。志摩子はまた上から乳房を押し被せてきた。豊乳はスロープの長い釣り鐘型で、その分谷間のラインが長い。肉棒が谷間に少しずつ挟まっていく。自分でここの毛の手入れしてるなんて、女の子みたい。それともちょっぴりエッチなのかしら。思わせぶりな言い方をして、スッポリ納まってしまった。眼を合わせてくる。生の肉棒が双乳の間に柔らかい乳房の圧迫感とブラカップのレースになった上半分のざらざら感で、貢はこれまで味わったことのない卑猥なまでの快感に巻き込まれた。
アナルを犯された体を仰向けにされる

彼のペニスの根元に何かが巻きつけられた

志摩子が胸を少し上げた。さらに白衣の前を開いてブラジャーを露出させ、ブラカップ表面に肉厚な輪郭を見せる乳首を、まだ皮をかぶった貢の亀頭部に当ててきた。そして、上から押し被さっていく。乳首はつぶれて亀頭を圧迫した。胸がせり上がってきて、白衣の女医の顔が威嚇するように迫った。女の甘い匂いがしてくる。乳房を左右の二の腕でぎゅっと真ん中に寄せてきた。一瞬貢でも知っているパイズリの行為に及ぶかと思われたが、そうではなかった。

膣穴に肉ついさっきまで女生徒が犯されていた空間に目をやった瞬間


その先には男根の動きをコントロールするスイッチまであるのだ
志摩子は何とブラの中央にできた隙間に亀頭をひょいと差し込むようにした。ブラと胸の間に隙間をつくるために肉の釣り鐘を真ん中に寄せたのだ。あっ、えっ、何故?ペニスを露出した状態の貢は狼狽してしまう。刺激で一回ビクンと尿道奥から脈打った。ごめんなさい、胸が当たっちゃったわね。固いブラジャーの生地の志摩子は偶然当たったように言うが、貢は信じられない。
オナニーに興じていた

肛門から

ペニスがブラジャーの下に入ってしまった。包皮が剥けて亀頭が顔を出してくる。ぼ、僕のが、ブラに!まあ、ブラジャーの間に、勃起したペニスが引っ掛かってしまったわ。志摩子は慌てる貢に眼を細めてにんまり笑みをこぼし、しばらくブラジャーのフロントホックの下に挟まっている貢の亀頭を見ていた。さっさと肉棒をブラの下から出せばいいのに、指でブラの真ん中をつまんで引っ張り、わざともたつきながらペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した。貢の肉棒は刺激されてピクピク脈打った。わたしのブラジャーをじっと見てないの。

ペニスはたちまち反応して

母の下着は自分のものを捨てるときと同様

肉棒から
アナルに入れさせてよ

はずされてまたすぐにつけられるのはさらなる苦痛で、事実麻美は空中で思いきりもがいて、うつという湿った悲鳴をあげた。男はそのGカップの乳房全体に、洗濯バサミをゆっくりと左右続いて、それぞれ十本ずつ深く噛ませていく。この部屋に用意されている洗濯バサミはそれだけでも十分な苦痛を与えることができるよう、もっともバネが強い部類のものである。さあ行くぞ、ほんとは少しなじませてからやるのがいいんだが情けだと思お願いいたします。ううっ。ありがとうごさいます。まず、右。柄も長く鞭の長さも1メートル以上ある拷問用のバラ鞭が一振りで右の乳房の洗濯バサミを全て払い落とした。

奴隷にし

おお、見事。一回で全てを払い落とすには、それなりに鞭の扱いに慣れていなければならない。うぎゃー1つという悲鳴をあげて、りたてた。麻美はがくがくと宙吊りの体を揺す。目からは大粒の涙。左バシーーツ、音をたてて鞭が乳房を襲う。今度も一度で全てが落ちた。大きな膨らみに見事に鞭痕がつき、洗濯バサミの噛んでいた場所数カ所から血がうっすらとにじんでくる。

挿入して…うふふ

どうだ話す気になったか。ごめんなさい。では仕方ない、もう少しおっぱいの鞭責めを楽しませて貰うとするか。はい、お願いします。なんだかんだ言っても気丈な女だ。麻美といい沙織といいそしてその娘の乃里子といい、寒河江の調教には舌を巻いてしまう。男は案の定、一本鞭を手にした。長さが11メートルのもの。この部屋に備え付けの一本鞭は、材質は一緒だが長さによって色分けをしてある。奴隷商人を通して既に買い手も決まっていて

ペニスをくわえさせ

顔あげろ。言うと同時に横一悭鞭がはらわれる。いや直後、空気を切り裂く音。鞭が麻美の巨乳を一閃すると同時に。ぎゃーーーっ。という悲鳴。さきほどの洗濯バサミ落としでついた傷よりもはるかに鮮明な蚯蚓腫れが左胸の上から右の乳首のすぐ下まで鮮やかな赤色で斜めに走った。もうひと1つ。今度は体勢を入れ替えてその逆に傷跡をつける。鞭が入った瞬間、今度は。ぐっ…。と息を止めて宙に浮いた左足を一瞬膝のところで曲げて、懸命に痛みを堪える麻美に、ように二メートルの鞭が炸裂した。

母親の黒ずんだ乳首を思いだして
下着姿になると前市長の顔を睨みつけた

これまでで最高の気持ちよさが勃起を基点に広がった

アソコの形がわかると言う私のえっちなパ休む間もなく尻を巻く続けて、二発、三発と尻から腿にかけて一本鞭が音をたてて叩き付けら麻美は声を出すこともできなくなって、ただ宙を舞っていた。十発目を終えた時にはまだらな蚯蚓腫れが見事に尻と腿に走っていたが呼吸を整えた麻美は。私からはお話しできません。お仕置きをもっとお願いします。と、哀願するのだった。そうか、俺をもっと楽しませてくれるというわけだな、では遠慮なくこれでそのデカパイにさらに模様をつけてやろう。体の前面に横薙ぎに一本鞭が、舞われる。すでに赤から薄紫の傷跡が走る乳房に見二十発の両乳への鞭の間中、麻美は泣き声ともうめき声ともつかぬ声を上げていた。

愛撫を中断し

あれで宙吊りじゃなければ結構楽しむんだがなあいつも。寒河江はいたって冷静に画面をみつめていた。鞭を置くと、麻美の背後に回った男は自らの手でトランクスを脱ぎおろし、そのいきり立ったものを生贄の腿にこすりつけながら、滑車の鎖を引ぎりぎりつま先立ちのところまで下ろした。吊りの高さを調節して、このギリギリの加減がなかなかやるわいと米倉は思った。どっちに入れて欲しい。ま、前にお願いします。バチーーソという音で男の大きな平手が尻を叩く。

亀頭を上下に細かく擦り続け

尻の穴に力を入れて堪えねばならなかった

ペニスを握らせました

車体の揺れに共鳴して、乳首を責める。ローターもより活発になったようだ。んあっ!ついに理紗の口から、はっきりと快楽を訴える声が噴き上がった。ドアで乗客たちから隔離された狭い空間なら、声を出しても聞こえないと思いついた途端、喉からあふれるよがり声を止められなくなる。声を出せば快感を散らせると考えていたが、反対だった。自分の乳悦を訴える声が、自分の肉体に響き、下半身から力が抜けてしまう。

陵辱に手を貸そうとしているのかどうか

ああつーはうっ、うつんんんっ!理紗は身体を支えようとして、通路に突き出したトイレの壁に両手を当てた。指を凹凸のない壁につっぱらせて、無意識にスーツの胸の隆起を左右に動かす女教師の姿を、喜四郎がニヤニヤとながめる。おいおい。こんな程度でトイレにしなだれかかるようじゃあ、とても列車の探検はできないぞ。それとも処女をぼくに捧げたときのことを思い出して、トイレでセックスしたいのかい?ぼくはもっと前戯に時間をかけた。いんだがな。そ、そんなこと、望むわけがないわ。はああっ!

 

義姉の股間の黒い茂みや

下着は前開きのないビキニブリーフである理紗は激しい声を上げて首を背後に反らし、トイレへ向けて胸を突き出した。ローターを内蔵したバストの先端を、壁にこすりつけたがっている。ように見える。どうして…どうしてなの…わたしの身体は、どうしてしまったの。ひっ!やめてっ!尻に手が置かれる。理紗は身体をひねり、逃れようとする。しかし淫熱に侵された身体は、日頃の俊敏さを失い、思ったように動かない。

挿入して吸い合う濃厚なキスやあっさリと喜四郎に背後にまわられ、スカートの上から指先で尻の谷間をなぞら。はっ、んんうっ!そこっ、触らないで!尻の谷間から股間へと指が入りこむと危惧したが、喜四郎の指はまた谷間にそって上昇した。子供が遊ぶように、指が上下に走る。普通の状態なら、不快感しか与えられない指の遊戯だ。今は、快楽のバイブレーションが沁みこむ乳房と反響して、尻たぶ全体がカッカと熱を帯びていく。尻肉の奥へ押しつけられるパンティとスカートの布が、汗でじっとりと湿るのがわかるほど、下半身の神経は敏感に覚醒している。

ティッシュでシェと彼女の股間を拭いた

柱に軽く拘束されて休んでいる時間はないぞ。十五両を歩かなくてはならないんだからな電車の、端から端まで歩けというの!あたりまえだ!理紗は右腕を、喜四郎に力ずくで引かれた。スポーツやトレーニングとは無縁の身体つきの数学教師の腕力で、次の車両の自動ドアの前へ移動させられる。ドアが開けばもう声を出せなくなると思うと、自然とよがり声が高くなった。あひつーだめっ、まだ、待って、はあっんんん!喜四郎がステップを踏みつけ、ドアがするすると開いた。

奴隷らしい習性が染み付いた変態夫婦なのである

挿入して快感を与えるわ反射的に理紗の唇がきつく閉じる。喉の奥で、出口を失った喘ぎがグルグルと渦まいた。ん…うう…んむっ。引きつった頬を朱に染める理紗の美貌を、グリーン車両の通路へ歩いた。喜四郎が観賞しながら、次の理紗は胸を震わせ、小刻みに足を前に出して、ついていくしかない。ああ、見られる。見られている-。車両内を見渡した理紗の目と、ドア近くの座席にいる男女のいぶかしげな目がぶつかった。それどころか、乗客の視線がいっせいに集まってくる。

挿入するより抜き取る時の方が

アナルを責められて悶絶しているのは皮肉だがこうして私は恭子さんの口にくわえさせた

美冴緒の身体が拘束されながらビクンビクンと震えた

いろいろな人に蹂躙された光景が忘れられません。彼のものはいっそう愛おしく、丁寧に舐めていきます。彼のものが少しまた硬くなってきました。やめろよ。彼はわたしを払いのけました。おまえにそんなことをしてほしくないんだよ。娼婦じゃないんだから。金男かきつい言い方です。

チンポを弄られて

昼間のことを彼はすべて知っているわけではないと思いますが、ら聞いている可能性はあります。すみません。いいんだよ。おれが許可したんだから。おまえも楽しかったんだろう?楽しいという言葉はそぐわないと思います。あれは過酷な体験です。おれも、おまえを縛ってあげようか。縛り方を習おうかな。ふふふ。そうなったら、おまえ、地獄だぞ。外では仕事で縛られ、家に帰ったら夫にも…。

 

彼は妻とのセックスが嫌いではなかった

乳首がえらく感じてしまうんやな本気なのか冗談なのか。わたしはどうしていいのかわかりません。まあいいや。疲れたから寝るよ。わたしは放り出され、彼はそのまほ寝入ってしまいました。ひとり、バスルームへ行き、体を洗い、傷を消毒しました。自分の体を鏡で見るのが怖かったのですが、いまではそれも後ろ暗い悦びになっています。こんなに傷ができて。まだ縄の跡が残っていて痣ができて腫れたところがあって。

ブリーフを肉棒が持ちあげ奴隷ほんとに、わたしにピッタリな言葉でしょう。これがわたしの求めたものなのかもしれません。スケジュールはかなり前からわかっています。先日のような撮影会は、場所を変えて毎週一つは入っています。野外はさすがに当分、ないようですが、個人宅の庭、廃屋、工場跡地などが多く、セックス以外の凌辱が思いきりやれる場所として選ばれているようでした。

ペニスから蜜液を漏らす自分が恐くなる貢だった

切なげな表情さえ浮かべたのだ股間からプチュンと深川先生の古民家風アトリエはその中では安心感のある場所でしょう。死にそうになる江戸時代の拷問を受けるとしても体がバラバラになりそうで、何日も痛みが残ります。その痛みが癒えるのを待ってくれたりはしません。赤岩によって緊縛ショーも設定されていました。凌辱や拷問はないから。と言われましたが、安心はできませんその会場は繁華街の中にあって、地下に舞台がありました。

んを勃起させて

衝撃波が突き抜けるキューンと子宮が収縮して赤岩がすべて仕切っているようで、司会も彼がやります。今夜は、なわみさんの緊縛をたっぷりご覧いただきましょう。わたしは、上半身裸で縄を女囚のようにかけられた状態で舞台に引き出されました。赤いふんどし姿です。すごく恥ずかしいのです。全裸より恥ずかしいと思うほどです。そして舞台に立って、なわみです。よろしくお願いいたします。