柱に軽く拘束されて

オマンコいい

辻が花。だったということだ。超の文字がいくつ付いても足りないほどの高価な和服。その程度しか知らないが、それはあまりにも重大すぎること。牧野が着いた時には、警察が入っての実況見分と、当事者の穏やかな話し合いが行われ、相手も穏便にしたいという意向。普通なら、後は保険屋さんでやっておきましょう、でもすむレベルの事故いたって軽く、単純な事故だったのだ。こんな追突事故は、ありふれていて、話はとても簡単なのだ。

そこを下着越しにまさぐられると

初老を迎えた感じの交通課の警察官は、いたってのんびりとしたものだ。保険で言えば、9対1で、追突した和花の方の責任が重い。こういう交通事故の場合の9対1とは、相手の損害の9割とこちらの損害の1割の。を相殺することになる。軽のフェンダーが凹んだのは、痛いには痛いが、数万円で直せる。しかし、相手の損害と言えば…凹んだ車体と、無残に割れたベンツのウインカーを一瞥してから、相手とおぼしき男に、妻の横に立ってから挨拶をした。

 

ローションを垂らし

お尻でイッてしまった股間の感触があった

どうもこいつの夫の、牧野俊介といいます。職業を名乗るべきだろうかと一瞬迷ったが。と名乗るしかないことに気がついて、曖昧な笑いでごまかすしかなかった。ああ、ご主人ですか、今回の事故は幸い、お互いの怪我が少ないところは、まことに良うございました。落ち着いた声で、慇懃に頭を下げた和装の男は、ちょうど、牧野と同年配に見える。遠くから見えた。黒いベンツ。から想像したような、剣呑は雰囲気はまったくない。どうやら、相手は、普通の人って感じか?いや、なんで、着物なんて?お茶かなんかの先生ってところか?

ペニスは見事な砲身私達は、華道を、えっと、まあ、お花をやってるんですけどね…軽く困惑した表情で、牧野をのぞき込んでくる。じゃあ、ダンナ様がいらしたようですし、もう一度お話ししましょうか牧野が来たために、話が少し遡るようだ。明日は、発表会で、モデルを務める予定のその女性は、衣装をつけて移動中だったのです。これからの最終リハーサルのために怒りも見せることなく、男は淡々とした表情だ。発表会?何の?お花に発表会なんてあるのか?
始めは唇と舌で丁寧な愛撫は絶対で
始めは唇と舌で丁寧な愛撫は絶対で

男根を突きつけている

アナルなら…今日一日ですっかり恭子さんの魅力にやられてしまった俺の頭には今のところ男の話しぶりは穏やかだ。ベンツにぶつけたと聞いて飛んできた牧野は、むしろ、内心ホッとしていたと言ってもいい。だが、何か、雰囲気が違うのだ。先ほどお話ししましたが、着物は最高の染み抜きに回しますが、しょせんはモノですからね。まあ、これくらいなら保険があるか。さてどうなることか。でも牧野の内心に興味も持たないように、た程度のことを話している穏やかさだ。な問題だろう。淡々とした男の表情は、まるで農場の野菜に虫が付いしかし、和服の染み抜きがちゃんとできるかは、大き染み抜きにかかる金だって、今の牧野には目が回るほどの高価なものに違いない。

痴漢に遭った女学生のように真っ赤になりドキドキと胸をときめかせてしまったのです

入っていて良かったと牧野は胸をなで下ろす。染み抜き代は、たしか、保険で出るよなぁ。保険に牧野は、祈る気持ちになるが、男の続く話に腰を抜かしそうになる。ものが、ものでして。和服で血のシミが完全に抜けることは、あまりありませんし、めてくださったは、人間国宝で有名な…アレを染牧野は聞いたこともない名前だったが、人間国宝なんて人が染めた着物のシミが抜けないとしたら、損害はものすごいことになるだろうと漠然と思うくらいはできる。その染め方というのが辻が花と呼ばれるものでして。この種のものは失礼ながらあまりご存じないでしょうが、数億から、と言うことになります。下着を着けていないことは恥ずかしい

片方の手の指先で乳首をくすぐり

熟女ならどぎつい電マだの

淫らな尻振りダンスは万寺林を悦ばすだけだった
良かったよ。ありがと。今はうれしいのは、夫への愛ゆえだ。夫の笑顔が、心から嬉しかったが、顔を見るのが苦痛だった。行ってきます。同時にそれは堪らない痛みを覚えることになる。夫の機嫌良く、子どもを迎えに出かけた夫の姿がドアに消えた。その次の瞬間、和花は、キッチンから包丁を持ち出した。

すべての誇りを奪い去られてしまった、あの時の体験をもう一度など。いやあ、もう、いや。和花は、悲しげに、一人首を振った。再びあそこへ出向けば、今度こそ、人としての尊厳までも根こそぎ奪われるのは確実だった。行ってはならぬ。しかし、断ることを考えようとする瞬間、何とも言えぬ苦しさが夏の午後の積乱雲のごとくわき起こり、呼吸すらままならぬようになる。断る術がなかった。葛藤のあげく、和花にできた行動は、愛する夫に最後の奉仕をすることと、せめても、と愛する家族にカレーを作ることだけだった。
股間が熱く

半分ほど覗いているペニスも

汚されちゃつた身体だけど、せめて、あなたが喜んでくれるなら。時間がないのを言い訳に、口でのご奉仕にしたのは、夫との愛の痕跡を他人に見られるのだ。けは許せなかったからだった。おそらくは、また、身体中を、いや、全てを男達にさらけ出さねばならないはずだった。身体の奥の奥まで広げられ、覗き込まれるだろう。その時に、夫の痕跡を見られるのは、何よりも避けたい。

さっきの消しゴムオナニーの影響でそこにシミができているような気もしたが


アソコをのぞき込んですごくコー~~し

どれほど男達の慰み者になったとしても、夫との関係だけは、汚されてはならないのだ。しかし、あの男達は、大切な宝物を踏みにじることこそが、好物だと、和花は思い知らされていた。だから、和花は精一杯頑張って、口だけですませようとしたのだ。軟口蓋にこすりつけるように、喉の奥まで飲み込んだ、慣れ親しんだものから、ドクリと噴き出すものを受け止めた。苦手だったはずの夫のほとばしりを飲み込むことすら、と思いたい。
肉棒はいとも簡単に硬度を取り戻し

私のクリトリスをリズミカルに叩きました

良かったよ。ありがと。今はうれしいのは、夫への愛ゆえだ。夫の笑顔が、心から嬉しかったが、顔を見るのが苦痛だった。行ってきます。同時にそれは堪らない痛みを覚えることになる。夫の機嫌良く、子どもを迎えに出かけた夫の姿がドアに消えた。その次の瞬間、和花は、キッチンから包丁を持ち出した。

だが後になって思いだせるのは純白の下着と


エッチしてもいいのかい
あの命令になぜか逆らえぬ自分がいる。それなら、逆らえぬまでも、迎えに来た男に、せめて一太刀でも浴びせて、そのまま自分もどうにかなってしまえばいい。その時、自分の頭に。というたんごが浮かばないのを、不思議だと思えない和花だ。とにかく。どうにかなってしまえばいいのだ。せつなくも、必死の思いで玄関のスリッパ立ての影に包丁を隠したのだ。ドアチャイムが鳴る。どこかで夫が出かけるのを見張っていたのかもしれない。
乳首には

四つん這いになった尻に指をかけて

絶妙のタイミングだった。拳を握りしめながら、もう一度自分の勇気を確認する。唇をかみしめながら、指先まで蒼白になった和花が、ドアを開けた。思っても見なかった。そこに立っていたのは、総花婬流宗家通常は、宗家、あるいは、家元と。立花気転院。そして高弟達からは、ただ。と呼ばれる、たった一人の男。あの、深い湖の底のような冷たい光を湛える瞳を持った、あの男なのだ。

チンポをねじ込む美由紀の

麗しき乳首を彩るピアス

お尻の穴も
そんな愛撫を見ているせいではない

まあそんなこんなをネタに議員諸君との別れを迫るという段取りだ、というようなことを幹事長がまず説明をした。の部分は事実だが、つまりは、女達への対応そしてその処分方法などについては至って穏便に脚色をしている。それについて、知らせる必要もないだろうし、また知らない方が本人たちのためでもあるから。選挙が終わったら、また返してもらうことも出来るのですか。原則ノーだ。そういう女は原則自分のところでなんとかして貰いたい。もちろんマスコミなどに嗅ぎつかれて騒がれたら、即刻公認取り消しして公認料などの費用は全額返済してもらう。

奥さんの乳首が見れるのか

幹事長は原則という言葉を一度繰り返した。買い取りしていただくについての査定はどのような基準なのでしょうか。指名されて中堅の元議員が質問する。ネームプレートの横につけている花の色現職と元職そして新人とでは、が違うので、すぐに見分けられるようになっている。すかさず。キロなんぼじゃないのかぁ。と茶々が入るが。独自の査定だ。だが…と、幹事長が言葉を切ってリサを見る。身内同士でもやっぱりヤジを飛ばすのは、なのだろうか。

奴隷の身分に落されてしまったからです

政治家として染み付いた習性国会中継などじっくり見たことはないが、たまたまテレビで見た時も質疑に対して口汚い野次が飛んで、子供の学級会よりひどいと思ったものだ。先に申し上げておきますが、今回買い取りの査定をさせていただくのは三十四歳までで体重六十二キロ以内の女性のみとさせていただきます。それ以上の年齢や体重の場合は原則は…リサまで原則という言葉を使った。ゼロということですか。いまどき、古新聞でもポケットティッシュくらいはくれるぞ。また茶々が入る。諸君、党としてもこんなに希望が殺到するとは正直思っていなかった。マンコとオシリノアナを目一杯ウズウズさせとってぇな

エッチなことは

なので急遽、高級ホテルのフロア丸借りやら、専任のバトラーやらと結構それだけで金がかかっているのだ。査定がゼロの女とて、必要経費はかかる。のだから、承知してもらいたい。幹事長の言葉に少々ざわついているが、リサでも顔を知っている現職議員が手を挙げた。そのチリ紙交換ですが、三十四歳までなら愛人じゃなくて妻の方を出してもいいのですか場が、スーッと静かになった。いや、議員たるもの男だから女のひとつも甲斐性だとは思うが、政治家としては女房は大事にしてもらいたいと思う。今回も主な目的はマスコミ対策なわけだからな。

ペニスを口元に押しつけられた
奴隷夫婦により深い屈辱を味わわせて辱めるために企画した露出プレイで

股間を見つめている桜木をみて

お尻で触診してみなさいだが、なにあの元芸能人の美人妻お売りになりた。いとこうおっしゃるのかね顔を知ってる理由が、結婚の時にワイドショーなどで騒がれたことだとリサも思い出していた。ええまぁ、可能ならばオンナのひとりとセットでお願いしたい。なんなら二人、ポケットティッシュやトイレットペーパーと交換でも構いません。後半部分は冗談なのだろうが、現職の彼は表情を変えずにそう言った。

オナニーす

この男の発言によって、部屋の中を小さなどよめきのようなそれでいて静寂のような、不思議な空気が支配してしまった。そしてこのひと言を最後に、次に手を挙げるものはいなくなってしまい幹事長の次の言葉によって質疑応答に幕が引かれ、この後の個別の面談に移ったのだった。では質問がなければこれで終わる。それで諸君にくれぐれも注意をしておくが、今回のこの話、今日のこの場での話も含めて、絶対にオフレコだ。万に一つもどこかに漏れるようなことのあった場合は、徹底的に調査をして違反者を厳重に処分をするのでそのつもりで。もちろん公認取り消しなどという甘っちょろい処分ではない。

ンのなかではちきれんばかりに勃起している

バイブは

アナルの刺激に直結してますます悶絶してしまう
思った以上に短時間だったのです。ルじゃないでしょう。安心して。ぼくはこれで菜津希を脅したりするようなことはしないよ。あの場で注意するわけにもいかないし、驚かせたりしたくなかったし。あ、悪いけどすごく見たかったってのもあるしさ。ゴメンね。ま見張っていたんだぜ。菜津希はすぐに。

メガネを指で押し上げてから、意味ありげにスマホを見せてきました。あ、最新のでしょ、いいね、見せてよ。私はなにげなくそれを手に持ち、彼がスイッチを入れたのですが、そこに現れた映像にびっくりしました。思わずスマホを落としそうになりました。彼が私の手ごとしっかり握ってきたので、落とさずにすみました。こういうこと、してたらマズイと思うんだよ。ゴクリと二人同時に生唾を飲みました。どこから撮ったのでしょう。
もっとフェラチオしていねっとりと舌をからませ

の手に触れた下着を着けるのはおぞましかったのだ

木々の間から、望遠レンズでしょうか。手で掴んだ乳房。指の間から乳首が顔を出しています。ゆがむ腹部。ほかに数枚の写真。顔がはっきり私だとわかってしまいます。そのみっともないほどエロな表情。ゆっくり映像は下に向かいます。短い動画でした。腰すらりとした足が大きく開いてベンチの背にまたがってい変形した陰部。

オーガズムへの切望


勃起現象を勉強するためよ

木漏れ日が光と影を演出して、お腹や太ももが真っ白に光っていて、あとは影に沈んでいます。菜津希は、陸上やってるし、きれいだけど、じゃないと思っていたんだけど…。こんなことを考えるような子返事なんてできません恐ろしいことになってしまいました。いたずらを見つかったというレベだったらなぜ撮ったのでしょう。もうこれって脅しですけど。泣きそうになります。
チンポをねじ込む美由紀の

亀頭から響に向かって

思った以上に短時間だったのです。ルじゃないでしょう。安心して。ぼくはこれで菜津希を脅したりするようなことはしないよ。あの場で注意するわけにもいかないし、驚かせたりしたくなかったし。あ、悪いけどすごく見たかったってのもあるしさ。ゴメンね。ま見張っていたんだぜ。菜津希はすぐに。

奴隷なわみの恥ずかしい


命じられた通りに乳首を触る
なにかあったら大変だから、やめたからホッとしたよ。一応、でもしっかり証拠写真を撮られてしまいました。彼にすべてを見られた。のです。開人君。私にどうしてほしいの?思わず、そんな風に聞いてしまいました。だって、こんな風に問い詰められるのはつらいから。菜津希がなにをしているのか、興味がある。ないと言えばウソだよね。
こっそりオナニーくらいはしているかもしれないが

お尻の穴に出してくれた精液をいた

ぼくたちぐらいの年齢だとみんなそうだよ。女ってどうなんだろうってさ。だから、これからも見守らせてもらおうかなって思うんだけどね。妙に大人びた言い方。ホントにいい。それに被写体としては最高だと思う。ぼくの知る限り、から撮影したい気持ちも強いんだよねだ。独占したいのでしょうか。開人だけのモデル、いえ、女になれというのでしょうか。

ペニスはたちまち反応して

母の下着は自分のものを捨てるときと同様

肉棒から
アナルに入れさせてよ

はずされてまたすぐにつけられるのはさらなる苦痛で、事実麻美は空中で思いきりもがいて、うつという湿った悲鳴をあげた。男はそのGカップの乳房全体に、洗濯バサミをゆっくりと左右続いて、それぞれ十本ずつ深く噛ませていく。この部屋に用意されている洗濯バサミはそれだけでも十分な苦痛を与えることができるよう、もっともバネが強い部類のものである。さあ行くぞ、ほんとは少しなじませてからやるのがいいんだが情けだと思お願いいたします。ううっ。ありがとうごさいます。まず、右。柄も長く鞭の長さも1メートル以上ある拷問用のバラ鞭が一振りで右の乳房の洗濯バサミを全て払い落とした。

奴隷にし

おお、見事。一回で全てを払い落とすには、それなりに鞭の扱いに慣れていなければならない。うぎゃー1つという悲鳴をあげて、りたてた。麻美はがくがくと宙吊りの体を揺す。目からは大粒の涙。左バシーーツ、音をたてて鞭が乳房を襲う。今度も一度で全てが落ちた。大きな膨らみに見事に鞭痕がつき、洗濯バサミの噛んでいた場所数カ所から血がうっすらとにじんでくる。

挿入して…うふふ

どうだ話す気になったか。ごめんなさい。では仕方ない、もう少しおっぱいの鞭責めを楽しませて貰うとするか。はい、お願いします。なんだかんだ言っても気丈な女だ。麻美といい沙織といいそしてその娘の乃里子といい、寒河江の調教には舌を巻いてしまう。男は案の定、一本鞭を手にした。長さが11メートルのもの。この部屋に備え付けの一本鞭は、材質は一緒だが長さによって色分けをしてある。奴隷商人を通して既に買い手も決まっていて

ペニスをくわえさせ

顔あげろ。言うと同時に横一悭鞭がはらわれる。いや直後、空気を切り裂く音。鞭が麻美の巨乳を一閃すると同時に。ぎゃーーーっ。という悲鳴。さきほどの洗濯バサミ落としでついた傷よりもはるかに鮮明な蚯蚓腫れが左胸の上から右の乳首のすぐ下まで鮮やかな赤色で斜めに走った。もうひと1つ。今度は体勢を入れ替えてその逆に傷跡をつける。鞭が入った瞬間、今度は。ぐっ…。と息を止めて宙に浮いた左足を一瞬膝のところで曲げて、懸命に痛みを堪える麻美に、ように二メートルの鞭が炸裂した。

母親の黒ずんだ乳首を思いだして
下着姿になると前市長の顔を睨みつけた

これまでで最高の気持ちよさが勃起を基点に広がった

アソコの形がわかると言う私のえっちなパ休む間もなく尻を巻く続けて、二発、三発と尻から腿にかけて一本鞭が音をたてて叩き付けら麻美は声を出すこともできなくなって、ただ宙を舞っていた。十発目を終えた時にはまだらな蚯蚓腫れが見事に尻と腿に走っていたが呼吸を整えた麻美は。私からはお話しできません。お仕置きをもっとお願いします。と、哀願するのだった。そうか、俺をもっと楽しませてくれるというわけだな、では遠慮なくこれでそのデカパイにさらに模様をつけてやろう。体の前面に横薙ぎに一本鞭が、舞われる。すでに赤から薄紫の傷跡が走る乳房に見二十発の両乳への鞭の間中、麻美は泣き声ともうめき声ともつかぬ声を上げていた。

愛撫を中断し

あれで宙吊りじゃなければ結構楽しむんだがなあいつも。寒河江はいたって冷静に画面をみつめていた。鞭を置くと、麻美の背後に回った男は自らの手でトランクスを脱ぎおろし、そのいきり立ったものを生贄の腿にこすりつけながら、滑車の鎖を引ぎりぎりつま先立ちのところまで下ろした。吊りの高さを調節して、このギリギリの加減がなかなかやるわいと米倉は思った。どっちに入れて欲しい。ま、前にお願いします。バチーーソという音で男の大きな平手が尻を叩く。

亀頭を上下に細かく擦り続け

尻の穴に力を入れて堪えねばならなかった

ペニスを握らせました

車体の揺れに共鳴して、乳首を責める。ローターもより活発になったようだ。んあっ!ついに理紗の口から、はっきりと快楽を訴える声が噴き上がった。ドアで乗客たちから隔離された狭い空間なら、声を出しても聞こえないと思いついた途端、喉からあふれるよがり声を止められなくなる。声を出せば快感を散らせると考えていたが、反対だった。自分の乳悦を訴える声が、自分の肉体に響き、下半身から力が抜けてしまう。

陵辱に手を貸そうとしているのかどうか

ああつーはうっ、うつんんんっ!理紗は身体を支えようとして、通路に突き出したトイレの壁に両手を当てた。指を凹凸のない壁につっぱらせて、無意識にスーツの胸の隆起を左右に動かす女教師の姿を、喜四郎がニヤニヤとながめる。おいおい。こんな程度でトイレにしなだれかかるようじゃあ、とても列車の探検はできないぞ。それとも処女をぼくに捧げたときのことを思い出して、トイレでセックスしたいのかい?ぼくはもっと前戯に時間をかけた。いんだがな。そ、そんなこと、望むわけがないわ。はああっ!

 

義姉の股間の黒い茂みや

下着は前開きのないビキニブリーフである理紗は激しい声を上げて首を背後に反らし、トイレへ向けて胸を突き出した。ローターを内蔵したバストの先端を、壁にこすりつけたがっている。ように見える。どうして…どうしてなの…わたしの身体は、どうしてしまったの。ひっ!やめてっ!尻に手が置かれる。理紗は身体をひねり、逃れようとする。しかし淫熱に侵された身体は、日頃の俊敏さを失い、思ったように動かない。

挿入して吸い合う濃厚なキスやあっさリと喜四郎に背後にまわられ、スカートの上から指先で尻の谷間をなぞら。はっ、んんうっ!そこっ、触らないで!尻の谷間から股間へと指が入りこむと危惧したが、喜四郎の指はまた谷間にそって上昇した。子供が遊ぶように、指が上下に走る。普通の状態なら、不快感しか与えられない指の遊戯だ。今は、快楽のバイブレーションが沁みこむ乳房と反響して、尻たぶ全体がカッカと熱を帯びていく。尻肉の奥へ押しつけられるパンティとスカートの布が、汗でじっとりと湿るのがわかるほど、下半身の神経は敏感に覚醒している。

ティッシュでシェと彼女の股間を拭いた

柱に軽く拘束されて休んでいる時間はないぞ。十五両を歩かなくてはならないんだからな電車の、端から端まで歩けというの!あたりまえだ!理紗は右腕を、喜四郎に力ずくで引かれた。スポーツやトレーニングとは無縁の身体つきの数学教師の腕力で、次の車両の自動ドアの前へ移動させられる。ドアが開けばもう声を出せなくなると思うと、自然とよがり声が高くなった。あひつーだめっ、まだ、待って、はあっんんん!喜四郎がステップを踏みつけ、ドアがするすると開いた。

奴隷らしい習性が染み付いた変態夫婦なのである

挿入して快感を与えるわ反射的に理紗の唇がきつく閉じる。喉の奥で、出口を失った喘ぎがグルグルと渦まいた。ん…うう…んむっ。引きつった頬を朱に染める理紗の美貌を、グリーン車両の通路へ歩いた。喜四郎が観賞しながら、次の理紗は胸を震わせ、小刻みに足を前に出して、ついていくしかない。ああ、見られる。見られている-。車両内を見渡した理紗の目と、ドア近くの座席にいる男女のいぶかしげな目がぶつかった。それどころか、乗客の視線がいっせいに集まってくる。

挿入するより抜き取る時の方が

アナルを責められて悶絶しているのは皮肉だがこうして私は恭子さんの口にくわえさせた

美冴緒の身体が拘束されながらビクンビクンと震えた

いろいろな人に蹂躙された光景が忘れられません。彼のものはいっそう愛おしく、丁寧に舐めていきます。彼のものが少しまた硬くなってきました。やめろよ。彼はわたしを払いのけました。おまえにそんなことをしてほしくないんだよ。娼婦じゃないんだから。金男かきつい言い方です。

チンポを弄られて

昼間のことを彼はすべて知っているわけではないと思いますが、ら聞いている可能性はあります。すみません。いいんだよ。おれが許可したんだから。おまえも楽しかったんだろう?楽しいという言葉はそぐわないと思います。あれは過酷な体験です。おれも、おまえを縛ってあげようか。縛り方を習おうかな。ふふふ。そうなったら、おまえ、地獄だぞ。外では仕事で縛られ、家に帰ったら夫にも…。

 

彼は妻とのセックスが嫌いではなかった

乳首がえらく感じてしまうんやな本気なのか冗談なのか。わたしはどうしていいのかわかりません。まあいいや。疲れたから寝るよ。わたしは放り出され、彼はそのまほ寝入ってしまいました。ひとり、バスルームへ行き、体を洗い、傷を消毒しました。自分の体を鏡で見るのが怖かったのですが、いまではそれも後ろ暗い悦びになっています。こんなに傷ができて。まだ縄の跡が残っていて痣ができて腫れたところがあって。

ブリーフを肉棒が持ちあげ奴隷ほんとに、わたしにピッタリな言葉でしょう。これがわたしの求めたものなのかもしれません。スケジュールはかなり前からわかっています。先日のような撮影会は、場所を変えて毎週一つは入っています。野外はさすがに当分、ないようですが、個人宅の庭、廃屋、工場跡地などが多く、セックス以外の凌辱が思いきりやれる場所として選ばれているようでした。

ペニスから蜜液を漏らす自分が恐くなる貢だった

切なげな表情さえ浮かべたのだ股間からプチュンと深川先生の古民家風アトリエはその中では安心感のある場所でしょう。死にそうになる江戸時代の拷問を受けるとしても体がバラバラになりそうで、何日も痛みが残ります。その痛みが癒えるのを待ってくれたりはしません。赤岩によって緊縛ショーも設定されていました。凌辱や拷問はないから。と言われましたが、安心はできませんその会場は繁華街の中にあって、地下に舞台がありました。

んを勃起させて

衝撃波が突き抜けるキューンと子宮が収縮して赤岩がすべて仕切っているようで、司会も彼がやります。今夜は、なわみさんの緊縛をたっぷりご覧いただきましょう。わたしは、上半身裸で縄を女囚のようにかけられた状態で舞台に引き出されました。赤いふんどし姿です。すごく恥ずかしいのです。全裸より恥ずかしいと思うほどです。そして舞台に立って、なわみです。よろしくお願いいたします。

痴漢が趣味の男って

子宮の中に男の生臭い精液がドクドクと熱く注ぎ込まれる

光晴の股間に手を伸ばすと
下半身は人格とは別物だと

おねだり。はできなかっただろう。牝芯から引っこ抜いた岩浜の男根は、びっしょりと濡れ、膜を張っている。そのどこまでが淵野辺の出した精液なのか、岩浜は無視することに決めていた。せっかく咥えさせた男は、急に亜由美を奪われて少々不満そうだったが、おそらく、医師会のドンを怒らしてはいけない人間だったのだろう。愛想笑いで、不満をごまかしている。嬢ちゃん、本物が欲しいなら、こっちをしないとね。淵野辺の命じるままに亜由美を連れて行ったのは、反対側だ。

ためらいがちに亀頭に這わせる

ほら、旦那が待ってるぞ。ちゃんと旦那を喜ばせたら、また、ほら、嬢ちゃん、こっちだ。那のを入れてやろう。え?これ?旦淵野辺は、亜由美の薄い肩を押して、柱の前に跪かせたのだ。真っ直ぐ背中を伸ばした亜由美の小さな頭の前には、半ば硬さを失った、牧野の怒張があっぺたりと両脚をMの字に曲げて尻を付けて座り込む亜由美。童女のような。女の子座り。の、あどけない裸体。しかし、その身体の下では、びっしょりと濡れた秘所が、畳に押しつけられている。

巨乳って言うのかしら

鈍い快感が亜由美の背中をゾクリとさせた。クリンと丸い瞳は、濁っているが、そのあどけない表情には不似合いな淫猥さが満ちている。さあ、亜由美、旦那さんのを可愛がってやるんだ。男達は、素早く淵野辺の意図を察して、和花をズルズルと、脇に寄せる。気を利かせた別の男は、和花の首をねじ曲げた。和花が望もうと望むまいと、1メートル先に、牧野の怒張が見える位置だ。純粋にすみれとセックスがしたかったのだ

乳首が屹立して天を向いていた

先ほどの硬直は、もはやない。和花の激しすぎる姿を見せつけられて、うなだれてしまった。しかし、決して縮こまりはしない。一度は膨らんだオトコは、町はともあれ、射出するチャンスを密かに求めてしまうのが本能なのだ。ちゃんと見ていろ。周囲は爆笑した。ウワキだ、ウワキ-おまえの亭主のウワキ現場をな。女房の目の前で、おっ立てられるのか。女房がヤラれてる横で、出しちまうのかよ。けけけ。和花の順番待ちをしている男達は、口々にはやし立てる。

心地よく締めつけられる肉棒の中心を駆け抜けた
調教を受けている麻美嬢にとっては一時間やそこらの我慢は当然可能な量ですが本日は念

時に彼の恥骨が私の尾てい骨にぶつかるまで深く挿入して

瞬く間に射精感が込みあげてくるほら、亜由美。ちゃんと、しなさい。亜由美にはもはやわからない。わからないなら。命令には従わねばならない。と心のどこかで声がする。淵野辺の命令に、ほっそりとした首を差し出して、おずおずと、唇に咥えていく。唇に返る感触は柔らかい。射精しないまま力を失いかけた男根独特の、中途半端な柔らかさ匂いが違う。味が違う。形が違う。違う、違う、違う、違う!これ、違うう、あなたじゃない。

牧瀬は美千子の尻に両手を這わせた

亜由美の黒目がちの瞳は激しく混乱していた。一瞬イヤイヤをする亜由美に、淵野辺が耳打ちをする。牧野を咥えたまま、ほら、ちゃんとしないと、みんなに犯されちゃうよ。さっきみたいに、旦那としたいだろ?ら、目の前のは、おまえの旦那だ。小つちやくなってる。おまえがちゃんとしないからだ、さやるんだ。

人妻の牝芯の中で

それまではセックスが苦痛だったんだけど

すると香澄が驚くべき行動に出た。助手席から身をかがめて俺の股間に手を伸ばしズボンのチャックを下ろし始めたのだ。お、おい、危ないよ!涵人さんが欲しいの…香澄は何も耳に入らないようで、高速運転中で減速もままならず手の放せない俺をいいことに、あっと言う間にいきり立ったペニスを取り出すと、何とそれに口を寄せてパクリと含んで来たのだ。くうっ、コイツ、最高の女だぜ。これだけ美人でエロいと来たら何も言う事はない。さすがに危ないので慌てて減速すると何とか香澄を引き離したのだけど危うく彼女の口中に出してしまう所だった。そんなもったいない事は出来ない。遊園地でお目当ての高速ジェットコースターに乗せた時も香澄の反応は素晴らしかった。

綺麗なお尻……信じられないわ

ちょっと高いなと思ったけど高性能のリモコンローターが彼女のミニスカの中で獅子奮迅の働きを見せてくれたようだ。乗り終わってコースターからフラフラになって下りた香澄が羞じらいを満面に浮かべて、おもらししちゃつた、と告白したのだけれど、どうやら失禁だけでなく大量のラブジュースでもパンツを汚してしまったらしい。俺はSっ気を出して替えパ。ツを与えず、エロモード全開の彼女を即座にラブホテルへと連れ込んだ。こういうのもスピード第一が俺の信条である。ベッドでの香澄も最高だった。キスもそこそこに俺のペニスを求めて口でギンギンに勃起させてくれると、彼女の方が馬なりになってくわえ込み、激しく腰を振って来たのだ。

 

ペニスへと右手の繊細な指使いも一級品だ

下着の感触はあるもののクリトリス弄りをやめようとしなかった

若いだけあって締まりも最高だった。俺はあっと言う間に果ててしまい、しまった、と思ったが後の祭りだった。いいよ、安全日だから。香澄の言葉に一安心した俺だったが、射精を遂げたペニスはあっと言う間にダラリと萎えてしまい体を離してそれを見ている彼女の様子も急速に冷たいものになっていった。速いんだね…。彼女の口調がタメ口になっていて俺はこの女とも終わってしまった事を悟った。早漏ですぐに萎える。たちは醒めるのも早い。スピード狂の俺らしいセックスを知った女。早く帰ろうよあーあ。

アソコの準備が出来てないよ何でも早いってのも考えもんだなぁアイツの奥さん。なあ、直之、お前スワッピングに興味はないか?アイツにそう言われた時、俺は驚いた。たぶん冗談だろうと思ったのだ。が、いつになく真剣な様子のアイツは本気のようだった。スワッピングとは夫婦交換、すなわちお互いのパートナーを取り替えて楽しむアブないプレイだ。
小指の先ほどの濃い桜色をした乳首が顔を出している
小指の先ほどの濃い桜色をした乳首が顔を出している

尻穴に突き込んできたのだった

愛撫はピタリと止まってしまうのです俺は冗談はよせ、と即答で断ろうかと思ったが思い直し、くれ、とその場は切り上げることにした。考える時間を。じゃあ加奈子さんとも相談してなるべく早く返事をくれ。待ってるぞ。いい答えをそう言い残したアイツとスタンドバーで別れた後で、俺は冷静になって考え、こんなおいしい話があっていいのだろうか、と不思議な気持ちになった。俺は大松直之。45歳で小学校の教員をやっている。アイツと言うのは幼なじみで今でもとても仲の良い木村伸一郎という男だ。

いっぱい奴隷に見せつけましょう

小学校の頃から家が近くて家族ぐるみの付き合いをしていたのだが、お互い結婚して独立し家庭を持ったのも同じ町内で、今でもお互いの家に頻繁に行き来して親しく付き合っている。こんな事はちょっとないのではなかろうか。俺とアイツは性格も外見も好対照で、だからこそ昔からよくウマが合って、仲良くして来れたのではないかと思う。俺は真面目で平凡が取り柄のような人間で、背が低く太っている。最近では見事なメタボ体型になってしまった。アイツは昔から器用で如才がなく、世の中をうまく渡っていくタイプの人間だ。そそくさと下着から足を抜き

ペニスをギンギに

彼女は咄嗟にのけ反った勢いでデスクの端にお尻をぶつけたが

処女膜確認した紫織ちゃんのお母様よ
股間を硬直させていた

背後から乳房を撫で回していた男がひさしぶりに口を開いた。恥ずかしい死んでしまいそうなくらい恥ずかしいけど。ああ、どうして?、変なの…わたしの体き、気持ちいいの。美穂は薄汚い男の視線に甘美な刺激を感じてしまう体に戸惑いながら言った。見られて感じてるのか?、いやらしい女だな、美穂は。止めてそんな…そんなこと言わないで…。だって、ホントのことだろほら。

射精していたんだから

男は美穂の秘部に両手を滑り込ませると、花唇の両脇に指を添え、ゆっくりと花唇を開いていった。美穂は沸き上がる強烈な羞恥心に震え上がった。しかし同時にホームレスの視線が広げられた花唇の内部に突き刺さるのを感じ、鮮烈な快感が美穂の全身を駆け抜けた。男はさらに人差し指と中指で愛液に塗れた内側の花弁を開き、ロまでも剥き出しにした。情け容赦なく美穂の秘孔の入美穂は狂いそうなほどの恥ずかしさと激しい昂ぶりに見舞われ、に切なげに喘ぎ始めた。

オッパイはやめて

言葉では拒みながらも次第ホームレスの熱い視線は露わになった入口の襞の一枚一枚に潜り込み、美穂を視姦の快楽へと巻き込んでいく。美穂の肉襞は男の視線に応えるようにヒクヒクと蠢き、愛液を垂れ流して。美穂、どうだ、感じるだろう?男が美穂の耳元で囁くと。駄目っど、どうしてぇ…ああんこんな感じるの?はああっ美穂は艶めかしい喘ぎ混じりに言った。美穂にはまったく愛撫されていないにも関わらず激しく昂ぶっていく自分の体が信じられなかった。セックスを楽しみ

オマンコを見せられながら

短時間のうちに男に体を淫らに作り変えられてしまったような気がした。さぁ美穂、たっぷりと愉しむんだし男は美穂の肉唇を左右にくつろげたまま、を始めた。親指で肉芽を剥き上げると転がすようにして愛撫。うあっはぁあ…。ああっ。美穂の唇からあからさまな悦びの声が迸った。ンクリートの床に滴り落ちる。下半身が激しくわななき、溢れ出た花蜜がコ男の指が肉芽を押し潰すようにして捏ね回すと美穂の声はたちまち甘い絶叫へと変わる。

犯される側が奴隷って感じだと思うよな
アナルにも興味を示した

セックスレスになっても夫は梨沙子にやさしい夫が愛情を持ってくれているのは梨沙子自

バイブを味わい訪れた絶頂は男の指に嬲られる悦びと、ホームレスにその様子を覗かれる昂ぶりとで、間に快楽の頂点へと追い詰められていく。美穂はあっという。美穂、思い切りイッてごらん。そして撫男はさらに美穂を追い詰めるべく、両手を一旦外すと左手の指先を陰裂へ埋めた。で擦るように愛撫しながら、さらに右手の指先でくるくると陰核を捏ね回す。ああも、もうああんっ…-駄目イク·…もうイッちゃう!美穂はひときわ大きな声で叫んだ。男が指先の動きを激しくすると。うああイクイクぅぅぅっはぁああっ!

挿入しちやうんです

美穂は勢い良く顔を仰向けると、全身をガクガクと痙攣させながら絶頂へと駆け上がって行。どうだ美穂、イッた感想は。美穂の体から力が抜け、ぐったりとしてしまうと男は嗄れた声を美穂の耳に注いだ。あっ…よ、良かった…わすご…くか、感じた…。こんなところでイッちやうなんて、美穂はスケベだな。ああそんそんなこと言わないで。美穂の端整な顔が羞恥に歪む。