有閑夫人たちにたっぷりと調教されているだろうな

ローションまみれにした裸の双の乳房を押し付けている

愛撫を受けた
こっちを向いて、そこに、床にお尻をつけて座れ。膝を立てて、左右に開く。手は頭の後ろで組んで上半身は胸をしっかり見せて、顔はカメラを見るんだ。縄ひとつ用いず、紺野は佳代子に屈辱的ポーズを取らせる。せめて縛られて無理矢理ならば、という撮られたいという気持ちと裏腹な、佳代子の心のうちのわずかな抵抗もむなしく、言われた通りのポーズをフラッシュの前に晒してしまう。さら顔、胸、性器の全てが数枚分のフィルムに同時に記録された。

手、床についたら、顔は正面向いて鏡をしっかり見ろ。先程までは顔は全く写る心配がなかったが、れてしまう。今度は横顔がしっかり撮らそれにしても凄いポーズだ。なのに自分は感じて陶酔しきった顔をしている。鏡の中の自分を見てはっきりとそう思った。そして、思い切って昨日告白してみてよかったと。
乳首には

マンコを晒された姿が可愛いだなんてありえない

しあわせだと感じる。自分がどこか誇らしい。立って、もう一度九十度。そうだ、こっち向きでまた同じ格好だ。もっと尻あげて、顔あげてカメラしっかり見ろ。カシャ、カシャっとフラッシュとともにシャッター音が鳴る。その都度フィルムが巻かれるシュルルという音が、次々に記録されているという佳代子の意識を煽った。

奴隷”と言って紹介した


お尻に腰をぶつける音さえ響かせながら素晴らしい律動をバックから送り込んで来る校長

いやらしい顔だ、目がとろんとしているぞ。恥ずかしいか。はい…、とても恥ずかしいです。いやらしい顔したついでだ。舌出して自分のくちびる舐めて、もっとスケべな顔してみろ。あお言われて、舌先でくちびるの左端を舐めた佳代子だが、はっきりと意識できてしまうほど濡れすぎている下半身とは逆に、るもカラカラに乾燥していた。佳代子は淫らなマゾ女です、と言ってみろ。口の中もそしてくちび写真を撮られたことで、まったく抵抗の意識すらなくしてしまった佳代子が言われた通りを口にする。もっと恥ずかしいポーズさせられたいか。今、紺野から見ると後方に突き出していて羞恥の中心が見られていないとはいえ、お尻を高く突き出したみじめな四つんばいで、顔だけしっかりE向かされているこのポーズこそ、もっとも恥ずかしいポーズではと思えたが、佳代子の中では、もっともっと淫らな私を撮って欲しいという後ろ暗い気持ちが生じていた。
うもない下着姿をさらしているわけだから

亀頭快感の生殺しに啼いた貢に対して嗜虐性を含む愛の面持ちだった

こっちを向いて、そこに、床にお尻をつけて座れ。膝を立てて、左右に開く。手は頭の後ろで組んで上半身は胸をしっかり見せて、顔はカメラを見るんだ。縄ひとつ用いず、紺野は佳代子に屈辱的ポーズを取らせる。せめて縛られて無理矢理ならば、という撮られたいという気持ちと裏腹な、佳代子の心のうちのわずかな抵抗もむなしく、言われた通りのポーズをフラッシュの前に晒してしまう。さら顔、胸、性器の全てが数枚分のフィルムに同時に記録された。

本格的なオナニーを命じてそれは


乳首を捻られた激痛に
全てを晒してどこも隠すことを許されない自分カメラを一瞬下ろして、佳代子を見ると当然のように紺野は言った。よし、その格好のまま両手で性器拡げて見せろ。拍子抜けするほど、会社での紺野はいつもと何ら変わらなかった。仕事の指示を出してくる時の、口調も目線もそしてその目の奥にある優しささえも、それまでの自分、自分以外の他の部下に対するのと全く一緒で、むしろ何かを期待してしまう自分に気付いては絶望感にも似た気持ちに襲われた。最初の二、三日はどこかぼーっとしていて、ふっと気が付くとあのホテルでのシーンのいずれかが頭をよぎっていたり、知らぬ間に正面に座っている紺野をじっと見てしまっていて、ふっと我にかえることもあった。
ペニスをギンギに

肉棒が女陰の粘膜に激しく擦れる

そんな佳代子の様子に気付いているのかいないのか、経っても、彼からの次の誘いはなかった。一週間11週間あの日、紺野の言う検査の後、三十分だけだぞ。と時間を切られて、に正座したまま椅子に座った紺野に口での奉仕をした。床時々、時計を見る気配に佳代子は気持ちばかりが焦るが、これまでに経験した誰よりも紺野のそれは大きくて、なかなか思うにまかせずにいるのに、当の紺野はひと言の指示を発してくれることもなく、どこをどうしていいかわからぬままに、三十分が過ぎてしまった。はい、終わりだ。無情に、そして必要以上に冷たい言い方をしていると佳代子には思えた。