膣口が指を咥えて収縮すると

ペニスを握って振りながら

クリトリスを嬲っているようだ
あなた、今日は。になってね。そうおっしゃった先生は毛筆を私に握って見せています。その筆からは墨汁がポタポタと垂れていて、どうやらさっきの冷たい感触はそれで撫でられたものらしいのです。ハッとした私はそれを確かめようとしましたがカラダが全く動きませんでした。そしてあろう事か、私は衣服を全て剥ぎ取られ全裸で床の上に仰向けで寝かされ、手足は大の字に開いて固定されていたのです。慌てて力を入れても全くビクともしませんでした。

花崎さんと吉田さんはいつも通り無駄口を利く事は一切なく、さ、行きましょう、とそこから先生の自宅まで歩き始めました。私は普段ほとんど口を利かない先輩と一緒だし、先生のご自宅に招かれたと言う緊張感でそわそわと落ち着きませんでしたが、2人の先輩も何だか緊張しているみたいで、脚が慄えている様子がわかりました。そう言えばこのお2人の共通点をもう1つ発見しました。いつもオドオドとして大変な羞ずかしがり屋さんで、先生と話す。時は不自然なくらい緊張してかしこまっているのです。
正座したまま喜八郎の股間ににじり寄った

真理に肛門をなめられるとは思わなかったのだろう

何かあるとパアッと顔を真っ赤にして黙ってしまう、そんな姿をよく見かけるお2人で、それは又私にも当てはまる事でした。さあ、ここが先生のお宅よ。花崎さんがそう言って示した家には、秋山書道教室。と言う看板が掛かっていました。恭子先生は、ご自宅でも教室を開いて一般の方々にレッスンをしているのです。今日は一般生徒はお休みで、私達のために練習室を貸して下さる、という話でした。あら、いらっしゃい!呼び鈴を鳴らすとすぐに出て来てくれた恭子先生は、休日だからでしょう、いつもとは違ってシャツとミニスカートというラフな格好で、ちょっと露出が多いのではないかと思いましたが、それはそれでドキドキしてしまう程魅力的でした。

処女を破ってやりたい


どんなふうに勃起するんだろう……少年の性器を観察したいという欲望が

でも声の調子はいつもの優しい恭子先生そのもので、私は少し安心しました。私達3人はレッスンの前に、まずとても立派な応接室に通され、深々としたソファーに座らせてもらった上に、先生がわざわざと紅茶とお菓子を出して下さいました。遠慮しないで、召し上がってね。先生にそう勧められても私は緊張して手を付けられずにいましたが、人の先輩方が私にもお菓子を取ってくれて紅茶に口を付けたので、私も高級そうな和菓子を食べその紅茶を飲んでしまいました。半分くらい飲んだ。頃何だか舌先にピリッとした味を感じましたが、その時にはもう遅く、私は急に体から力が抜けクラクラと目が回ったかと思うと、気を失ってしまっていたのです。瞳ちゃん、目が覚めた?顔に妙な冷たい感触を覚えたかと思うと、次に目を覚ました私は、余りにもとんでもない事態に全く頭がついて行きませんでした。
下半身に伸びてきて

亀頭部から

あなた、今日は。になってね。そうおっしゃった先生は毛筆を私に握って見せています。その筆からは墨汁がポタポタと垂れていて、どうやらさっきの冷たい感触はそれで撫でられたものらしいのです。ハッとした私はそれを確かめようとしましたがカラダが全く動きませんでした。そしてあろう事か、私は衣服を全て剥ぎ取られ全裸で床の上に仰向けで寝かされ、手足は大の字に開いて固定されていたのです。慌てて力を入れても全くビクともしませんでした。

奴隷になり


尻横で
半紙さんは文鎮で押さえてるから、大人しくなさい。何と私の両手と両足は、と言われた大きな金属製の物体で、大相当重く頑丈な物らしく、きく開いて押さえ付けられていました。とも私の力ではどうにもなりません。んんっっ!!私はうろたえて声を出そうとしましたが、今度は口に高か噛まされていて言葉になりません。半紙さんは、しゃべらないわよ。いつもの優しい口調の恭子先生でしたが、これは現実の事なのか、私は次第に自分の置かれた状態を理解するに連れて頭が錯乱しそうになっていました。
途端に股間に手が差しこまれる

すごく勃起してるよ

しかし本当に錯乱してしまうのは、これからだったのです。それでは書会を始めましょう。先生がそう言い、ハッと辺りに目を配ると、2人の先輩方も全裸の私のそして先生と2人は毛筆側に制服のままかしこまって正座していました。を持ち、硯の墨汁を穂先に含ませていました。半紙って、ま、まさか…そう、そのまさかでした。3人は私のカラダをブリ墨汁を含ませた毛筆で字を書き始めたのです。代わりに、タッ。