こっそりオナニーくらいはしているかもしれないが

わたしは超淫乱な女子高生です.2

フェラを続けた
ペニス。の上に腰を下ろして繋がります。ソレが私の中に入って来ると、脳を焼かれるような強烈な快感に襲われました。はははは、ど淫乱な正体を現したな、学級委員の智子さん!そして舞華が背中から被さり、やはり同じようにスカートの下に隠し持っていた。ペニス。で私のはしたないお尻を貫いて来ると、私はこの世のものとも思われぬ興奮と強烈な快感に狂乱し、徐々に薄れいく理性の片隅でこう思ったのでした。--イジメはいけない、って言うけど、こんなイジメならちょっと素敵かも…。

後ろを向いてお尻を突き出しなさい。それでも全く容赦ない舞華の指示に従うと、リモコンアナルバイブに襲われた私は、お尻をガクガクと揺さぶりながらイッテしまいました。お尻では何度もイッチャイます。私は涙をボロボロこぼしながら、アナルによる絶頂特有の連続アクメに襲われてお尻をうねり狂わせました。ですが、凄まじい快楽と同時に下腹部にキリキリと錐をねじ込まれるような激痛も限界に来ました。ウンコもしちゃいます。それまで押し黙っていた生徒達がざわめき始めましたが、もう私の体はどうにもなりません。舞華が字帯を外してアナルバイブを抜き取るなりブリブリと下品な音までさせながら大量の汚物が教壇に積み上げられて行きました。
ペニスに襲いかかろうとしている

美形の人妻を征服した悦びと一緒に宮川は真奈美の中に押し入った

イヤっーイヤよおっ!私はもう一言も発することが出来ず、舞華に汚れたお尻を処理されるに任せていたのですが、そこへ夏記と文が嫌がる石田さんを引っ張って来ました。さあ皆さん、もう1人カワイコちゃんの登場です。お楽しみ下さい。レズビアンショーを私は連れて来られた石田さんの超ミニスカが妙にもっこりと膨らんでいるのに気付くと、尻穴の中までクイクイ汚物を処理していた舞華の指に又アクメを迎えてしまいました。ははは、恋人の登場で、早くも学級委員さんは気分を出してしまいまし。さあ、コレで繋がるんだよ。愛しい智子ちゃんが待ってるよついにお尻を突き出した私の目の前にやって来た石田さんは、何と股間に貼り付いた私と同じ里芋字帯から。ペニス。を生やしていて、夏記と文がゲラゲラ笑いながら私に向けて迫って来ていました。ああ、やめて、やめてよう大人しい石田さんがみんなの前で精一杯声を上げて嫌がっていましたが2人掛かりで逃げることも出来ないようです。

かのオナニーをしているのだという


潮吹き上げたもんな

も信じられない言葉が出ていました。そして私の口からは自分で。石田さん…こんなことになってしまってごめんなさい…それ、おクチでさせて…。私の予想外の私の反応に3人組も驚いたようですが、すぐに私はその場の汚物から少し離れると四つんばいでお尻を大きく掲げた格好にされ、カワイイ石田さんのミニスカの下に生えた。おちんちん。を口に含んでクチュクチュと音までさせてしゃぶっていました。石田さん、ちょうだい。その素敵なおちんちんを私に入れてえっ!もう何が何だかわからない激情に駆られてそう叫んだ私は、石田さんを教壇に押し倒すと、そそり立った。
男根が依然として逞しくそそり立ち

尻の白さに比べてくすんだ色の

ペニス。の上に腰を下ろして繋がります。ソレが私の中に入って来ると、脳を焼かれるような強烈な快感に襲われました。はははは、ど淫乱な正体を現したな、学級委員の智子さん!そして舞華が背中から被さり、やはり同じようにスカートの下に隠し持っていた。ペニス。で私のはしたないお尻を貫いて来ると、私はこの世のものとも思われぬ興奮と強烈な快感に狂乱し、徐々に薄れいく理性の片隅でこう思ったのでした。--イジメはいけない、って言うけど、こんなイジメならちょっと素敵かも…。

ペニスを口腔から抜き取り


チンポにメロメロになったものである
モンスター困ったことになったな。俺は暗い気持ちで日の暮れ掛かった住宅街の団地をとぼとぼと歩いていた。向かっているのは、俺が担任をしている小学校6年生のクラスの、森下ひとみと言う子供の暮らす家である。ひとみちゃんは今日で3日連続して学校を休んでいるのだが、母親から様子がおかしいのですぐに来てくれと言う連絡があったのだ。3日くらいで家庭訪問するのは異例だと思うが連絡を受けた校長が慌てて、すぐに行って来なさいと命令されていた。服部先生、このお母さんはなかなか難しい人ですからね。
ペニスはたちまち反応して

尻から太ももにかけては少しむっちりと肉がついた感じだ

刺激せず、穏便に話をまとめて来て下さい。どうかあまりここの校長はもう定年の近い女性である。女性と言ってもとてもしっかりしていて、体がデカいだけでペーペーの俺など話をするだけで緊張してしまうような立派な教育者なのだが、さすがにもう先が長くないのに大きな問題を起こすのは避けたいという気持ちが、少し疲れたような表情に表れているようだった。--モンスターペアレン。か最近巷で話題になっている、クレーマーの親達はこの学校でも大きな問題となっている。校長は、子供のことを大切に思う気持ちは親として当然で、たとえどんな無理難題でも、しっかり話を聞いてやって対処しなさいと言う考えなので、このような言葉を使うことを嫌っているが、実際に対応する俺達教員にとってはいい迷惑である。これまで他の先生方が苦労しているのを目の辺りにして来たが、小学校教師になって2年目の俺にもっいに試練がやって来たのだ。