もっとフェラチオしていねっとりと舌をからませ

肉棒に吸着しているのが見えた

生島のものは見事に反り返っておりよく張った亀頭のエラで秘肉をこすり立てられたら
志摩子が胸を少し上げた。さらに白衣の前を開いてブラジャーを露出させ、ブラカップ表面に肉厚な輪郭を見せる乳首を、まだ皮をかぶった貢の亀頭部に当ててきた。そして、上から押し被さっていく。乳首はつぶれて亀頭を圧迫した。胸がせり上がってきて、白衣の女医の顔が威嚇するように迫った。女の甘い匂いがしてくる。乳房を左右の二の腕でぎゅっと真ん中に寄せてきた。一瞬貢でも知っているパイズリの行為に及ぶかと思われたが、そうではなかった。

恥ずかしさから二人の顔は見ないが、色白の華奢な身体を萎縮させ、天井を見つめている。あなた、体毛を剃ってない?志摩子はペニスの周りを観察するようにじっと見た。病院に来る前から貢が気にしていたことだが、案の定そのことを聞かれて、すぐには言葉が出なかった。黙っていると、志摩子にきつい眼差しで見つめられた。ちょっと剃りました。小さな声で応えると、志摩子はふーんと言うようなちょっと頷く仕種をして、脚を少し開かせ、尻たぶを両手の指で開いた。
その間もペニスの出し入れは続いてお

下半身から力が抜けてしまう

脚とかはいいとして、陰嚢と肛門周辺の毛も剃ってるわね。ここは剃っちゃだめよ。デリケートな部分だから、感染症を起こすこともあるわ。は、は貢は昨日陰毛の周辺と陰嚢、アヌスの毛まで綺麗に剃っていた。まさか今日、泌尿器科で精密検査を受けなければならなくなるなんて夢にも思わなかったからだが、手脚の。ムダ毛。を日頃から完全に処理している貢はそのあたりの体毛も。

さっきまでフェラしてくれた優子ではなく


着ていた下着はどこ

ムダ毛。と考えていた。志摩子はまた上から乳房を押し被せてきた。豊乳はスロープの長い釣り鐘型で、その分谷間のラインが長い。肉棒が谷間に少しずつ挟まっていく。自分でここの毛の手入れしてるなんて、女の子みたい。それともちょっぴりエッチなのかしら。思わせぶりな言い方をして、スッポリ納まってしまった。眼を合わせてくる。生の肉棒が双乳の間に柔らかい乳房の圧迫感とブラカップのレースになった上半分のざらざら感で、貢はこれまで味わったことのない卑猥なまでの快感に巻き込まれた。
アナルを犯された体を仰向けにされる

彼のペニスの根元に何かが巻きつけられた

志摩子が胸を少し上げた。さらに白衣の前を開いてブラジャーを露出させ、ブラカップ表面に肉厚な輪郭を見せる乳首を、まだ皮をかぶった貢の亀頭部に当ててきた。そして、上から押し被さっていく。乳首はつぶれて亀頭を圧迫した。胸がせり上がってきて、白衣の女医の顔が威嚇するように迫った。女の甘い匂いがしてくる。乳房を左右の二の腕でぎゅっと真ん中に寄せてきた。一瞬貢でも知っているパイズリの行為に及ぶかと思われたが、そうではなかった。

膣穴に肉ついさっきまで女生徒が犯されていた空間に目をやった瞬間


その先には男根の動きをコントロールするスイッチまであるのだ
志摩子は何とブラの中央にできた隙間に亀頭をひょいと差し込むようにした。ブラと胸の間に隙間をつくるために肉の釣り鐘を真ん中に寄せたのだ。あっ、えっ、何故?ペニスを露出した状態の貢は狼狽してしまう。刺激で一回ビクンと尿道奥から脈打った。ごめんなさい、胸が当たっちゃったわね。固いブラジャーの生地の志摩子は偶然当たったように言うが、貢は信じられない。
オナニーに興じていた

肛門から

ペニスがブラジャーの下に入ってしまった。包皮が剥けて亀頭が顔を出してくる。ぼ、僕のが、ブラに!まあ、ブラジャーの間に、勃起したペニスが引っ掛かってしまったわ。志摩子は慌てる貢に眼を細めてにんまり笑みをこぼし、しばらくブラジャーのフロントホックの下に挟まっている貢の亀頭を見ていた。さっさと肉棒をブラの下から出せばいいのに、指でブラの真ん中をつまんで引っ張り、わざともたつきながらペニスもつまんでゆっくりブラの下から外へ出した。貢の肉棒は刺激されてピクピク脈打った。わたしのブラジャーをじっと見てないの。