肉棒でピシャピシャと叩く狼藉を働いていると

ザーメン舐めて床掃除してくれるって

赤目はお尻から愛液が出るのでしょうか
そっと、家元の亜由美の薄い肩をつかむと、いきなり後ろに引き倒す。緒方がサッと、香炉を取り上げる。ピタリと息のあった動作だ。家元の、胸に、くったりと力が抜けたまま、もたれかかる亜由美の表情からは全ての感情が消えたように見える。まるで、眠っている姿そのものだ。目を合わせる、緒方と家元は、ニヤリと笑った。獲物が罠に落ちたのだ。さ、亜由美。おまえさんの心を治して上げよう。

じゃ、いつものように、お清めを。えっと、男さんも、これは、ご一緒してくださいね。ホテルの庭にしつらえた和室の離れで、ずらりとそろった女性の前に、それぞれ香炉が置かれていたのだ。後から思えば、逃げ出す最後のチャンスだったのだが、家元自ら、香炉を差し出してきたら、断るチャンスは、既に去っていたのだ。見よう見まねで、亜由美は、けっして良い匂いとは思えない。を嗅ぐ。煙をお腹の下に溜めるように。この煙があなたの身も心も解放してくれるからね。
奴隷なわみの撮影会に来ていただき

尻の下で

優しげな言葉に、素直に従う亜由美。そう、上手。ゆっくりぃ、ひとつ。ふたあつ。そう、お上手う。よぉおっつう!もっとゆっくりと。みぃぃっつ。力を抜いて、家元が尽きっきりで亜由美に囁いてくる。ている。あれ?なんか、ヘ不思議と、その声がひどく間延びして聞こえ始めンな…力が。

オナニーした事か密かに包皮をめくって


人妻やないけ

けだるい感覚が全身の力を奪う。意識は遠のくような気もするが、はっきりとしてきた気がする。囁くような家元の声だけが、凛々と亜由美の頭の中で響き始めていたのだ。パッチリとした亜由美の黒目がちの瞳から、いつのまにか光が失われていく。何者かに陶酔した表情になっているのを、亜由美自身は知るよしもない。さあ、亜由美、全身の力が抜けちゃったでしょ、さ、力が抜ける…ほら。
ペニスやアヌスを検査ですね

巨乳を括り出すように縄目が掛かっている

そっと、家元の亜由美の薄い肩をつかむと、いきなり後ろに引き倒す。緒方がサッと、香炉を取り上げる。ピタリと息のあった動作だ。家元の、胸に、くったりと力が抜けたまま、もたれかかる亜由美の表情からは全ての感情が消えたように見える。まるで、眠っている姿そのものだ。目を合わせる、緒方と家元は、ニヤリと笑った。獲物が罠に落ちたのだ。さ、亜由美。おまえさんの心を治して上げよう。

セックスす


尻悦仰向けになっていつものように脚を開け
14を、治すう?どこか、夢見心地の声だった。目を閉じたままの亜由美。そうだよ。おまえさんは、良い子だった。ゆっくりと首を振る亜由美。どこかしら、苦しげなイヤイヤに見える。でもね、どこかしら、傷がある。傷なんて。あんたのせいで、お兄ちゃん、オリンピックに出られなくなったんだよね?その瞬間、首を振る亜由美の眉間にしわが寄る。さ、本当のあなたは、どれほど嫌な子なのか、ダメな子なのか、ちゃんと調べてみないとね。
セックスを楽しみ

男根を抜き上げるとき

夫は、元オリンピック候補。大事故で、選手生命を絶たれた。その助けた相手こそが亜由美だということまでは調べが付いていた。おまけに、大学時代のミスコンでの受け答えを分析すれば、典型的な。良い子ちゃんシンドロームの優等生なのは明白だった。周囲からは常に期待され、本人も、それに応えるべく努力をして来た、小さい時からの。