うもない下着姿をさらしているわけだから

パイズリをどこでもやってくれることとか

痴女たちと乱交

貢は腰にピてきた。貢が腰を引くのを追って、クリと反応を起こした。志摩子は面白そうに亀頭をつまんで上に引っ張ったり、横に振ったりした。そして満足そうに笑った。貢クン、これまでは手コキで出されたり、出したあとも催淫剤で立ちっぱなしで、ピク。ピクンって、チンポが射精せずに痙攣してたけど、今日はとうとう淫らな女医のオマンコに大爆発うふふふふ。志摩子が貢の耳を舐めてきた。肩をすくめて眼をつぶる貢である。

真奈美は眉尻を下げ

沙貴も手を伸ばして丸っこいお尻を撫で撫でする。まだ、尿道口からカウパーが溢れ続けてるじゃない。ペニスの先っちょまで甘あーい痺れが残って、中途半端に立ってるわね。うふっ、もうブリフ穿く?つるつるしたブリーフの上からオチ。チンと玉を撫でて、気持ちょくさせてあげるわ。

 

人妻にいわゆる

奴隷として抱えまた立ってきたら、手コキで残ってる精液を出させてあげる。若いから続けてできるでしょ。も、もう、無理ぃ。貢は首をぷるぷると振った。長い睫を瞬かせる。イノセントな瞳が涙でラリすっと両脇に立った優子と万里に、乳首の尖りをつままれた。ヒクッと華奢な白い身体が快感の狼狽えを見せる。

乳首はようやく残酷な責めから解放されたが最後は男らしく頑張ったけど、これからも、基本的にはマゾの可愛い男の子でいなさいね。あんまり強くなっちゃダメよ。志摩子が貢の前でしゃがんだ。もう何をされるか分かっている。狭いおトイレに、ここにいる全員で入って、ぎゅうぎゅう詰めになって、裸で女の柔肌に挟まれてみる?舐め回されて、もう一度手コキで射精しちゃいなさい!ほんとに、もう無理だからやめてよ。志摩子は弱気になる貢を励ますように、ペニスを指でピンと弾いた。沙貴の指が尻溝に侵入し、意地悪くセピア色の皺穴をくすぐり始めた。

スカートに包まれた丸尻や成熟した太もも

オナニーでしかないのだった志摩子が生立ちの肉棒をつまんで前を向かせた。これからも、犯したり犯されたりのS&Mの関係でよろしくね。貢はまた全身の白い肌が粟立ってきた。美少年らしく恥じらい、M的に喘ぎ、顔も肌も紅潮していく。睫が色っぽい双眸は潤んで涙眼だが、晴れ晴れとした表情は涙腺のゆるみが感動のせいだと教えている。その瞳は志摩子たち痴女とのSM悦楽の将来さえ夢想していた。

ニスの先端で子宮口をプッシュし

セックスによる快感を学ぶことなくいまは恍惚顔の志摩子の口が淫らに大きく開き、ぼ、僕、幸せですぅ。肉棒をパクッとくわえた。くちゅ、にちゃっ…ジュルルッ。貢は、淫靡な眼差しで見上げてくる志摩子に、愛液と精液にまみれたペニスを舐めしゃぶられて華奢な身体をしなやかにのけ反らせた。満員電車でいじられる。私立樫山学園の校庭は、日曜日でも生徒たちの若い声があふれていた。休日も校庭は運動部の練習のために解放されていて、体操服やユニフォーム姿の若い男女が走り、跳び、それぞれのボールを追っている。五月の陽射しを浴びて、溌剌と動く身体からは、さわやかな汗が流れた。