女子高生に戻った恭子さんが

ペニスが何か大きなものに当たったときどうなるか

男の大きな手が、再び有香の頭を掴み、前後させるように指示してくる。デモ、ツカエ。言われて、頭の後ろに組んでいた両手をそれぞれ口元と、垂れ下がった玉袋に添える。頭を動かし、頬張った口の中で懸命に舌を律動させながら、添えた右手でその幹を包み込みそっと根元の方まで形を確認するように擦り下ろし、転させながら、擦り上げていく。そこからは指先で作った輪を右に左に回夫の五十嵐の持ち物も日本人としては大きい方と思うが、男のものは太さは僅かに太い程度だが、長さがそれを握る自分の拳ひとつ分くらい長いのではないかと思えた。床の上で、お客様にもう一度おまんこよく見えるように寝て、足を持ちなさい。

甘やかなオーガズムへの渇望が

客席をまわり終わったのだろうか、女が梨乃に命じている。あ、あーーん、ダメそ、そこお!ほら、もっと舐めやすいように足拡げて。ボブと呼ばれた黒人に性器舐めでもされはじめたのだろう。梨乃はこの数ヶ月で一気に淫乱で感じやすい女の体になっていた。来る日も来る日も、そのことだけに時間を割いているわけだから、無理もないだろう。

 

溶け崩れた二枚の花弁が先端をがっちりとくわえ込む亀頭が濡れそぼった窪みに割ヌルッ

アナル棒がズニュッと直腸内を上昇した肉棒でピシャピシャと叩く狼藉を働いていると

梨乃ママ、娘の中に入るモノの大きさはどう女が質問をこちらに振ってくる。それに対して。こんな大きいの許してあげて。と言ってやりたいが、口の中はそれで一杯でどうすることも出来ない。せめて首を横に振ってダメダメと示してやりたいが、それさえも黒人の巨根が許してはくれなかった。ジュンビ、イイヨ。しばらあえ暫く梨乃を喘がせた後、ボブがそう告げると、有香の方の男は最後に一突き喉奥を責めた。

指がしっとり濡れているのがわかる静香の股間はぐしょぐしょになっていた後、スッとそれを抜く。まるでピンと音がしたと錯覚したくらい、有香の顔の前でそれが大きく跳ねたのがわかった。サア、コンドハ、オレノモデカクスルヨ。入れ替わりにボブが前に立った気配がして、有香は両手でそれを探す。梨乃の性器舐めをしてきたらしいボブのそれは、まだ半勃起という状態の硬さだったが、大きさはその時点で既に日本人男性の完全勃起を遥かに超えている。こんなもので二穴ファックを、あの梨乃の肛門を犯すというのか。はないのかと一瞬思ったが、違うのだ。引き裂かれてしまうので梨乃の二穴ファックは日本黒人の男根11本刺しは、人の男優だと自分に対して行うと加奈は言ったのだ。
チンポを先生の生殖器に入れてくれなきゃ
チンポを先生の生殖器に入れてくれなきゃ

尻も気に入っていた

男は大陰唇を押し開き流石の有香も、こんな大きいものを二本入れられたことはなかった。あーーん、大きすぎる。壊れちゃう。奥まで、奥までいれないで。あ、あ、あー!ん。拒絶の言葉を言いながらも、既に日々の成果で男根に慣らされている梨乃の口から出るのがすぐに喘ぎ声に変わっていく。ボブの巨根は、それでも硬くなった時に思った以上の大きさには膨張はしなかったが、でも先ほどのもう一人よりはあきらかに太い。それ丁寧に舌を這わせ、舐め、だ、ダメー、逝っちゃう。

乳首を持て遊ぶ

手は玉袋を揉みつつ、お尻の穴まで刺激してやる。梨乃が最初の絶頂に達したようだ。さあ、それでは母娘競演から行きましょう。ばせるのよ。ボブ、オレニハハオヤ、サキニヤラセロ。梨乃を四つん這いにして。梨乃ママはその横に並どうやら、黒人ふたりは交代するようだ。主導権は先ほどの男が持っているようだ。有香は、客席の方に顔を向ける形で四つん這いにされた。クリトリスを撫でまわし

乳首まで盛大にスケてしまっているし

下半身は疼き

もういいぞ。お前はそこの姉さんの性器でも舐めてしんぜろ。あねようやく向井が紗友里に命じて、わたしは、結構です。その金属音が止まった。あまりに強引な向井の手口にさすがのリサも腹を立てている。自分さえ黙っていれば、他の者に発覚する恐れは少ないものの、向井もまたそう考えて自分を舐めているのではないかと思うと、男にというよりも自分自身に憤りを感じるのだった。そうか。ならば儂の下に来て玉舐めでもしておれ。

一度は落ち着いたペニスが再び勃起する

いきどお電流責めという手段を持っている主人に対して、奴隷紗友里は絶対服従である。即座にしゃがむと、自ら白衣のボタンをはずして乳房を露出させて向井の尻の下に口を寄せていった。口を開口具で開かれて言葉を奪われているとはいえ、直接の性行為で性器を嬲られている和香は、次第に艶かしい喘ぎを漏らしはじめている。なかなか、いい道具をしておる。この穴の本来の役割はわかるか。なぶ自分に尋ねられたと知り、和香が力なく首を横にふる。

 

挿入されるのは怖い

叫ぶと同時に恵利佳の尻を引き付けもっとフェラチオしていねっとりと舌をからませ

生で、男の精液を、ザーメンを受け止めることじゃよ。病棟処置室米倉会三田村医療法人精神科。何処だここは。なにをしやがる。いきなりバシャーンとバケツの水を浴びせられて覚醒した男が叫び声をあげた。なんだこれは、どういうつもりだ。そう続けて叫んだのも無理はない。いつの間にか意識を失い眠りこけているうちに、まるで十字架のようなものに結わえ付けられ、しかもあろうことか一糸まとわぬ裸にされているのだった。

乳首をねじられて目の前にはふたりの女が白い歯を見せて笑いながら立っていた。空になったバケツを持っているのは日本人の女だが、もうひとりは金髪の外人女だった。日本人の女はパリッと糊がきいた白衣にナースキャップと完璧なナース姿なのに対して、金髪女の方はなにか威圧感が感じられる軍服のようなものを身にまとっている。お、お前は三田村の怒りやら困惑やらで、つい普段心のなかでそう呼んでるままに、呼び捨てにしてしまった。あら、覚えていていただいて嬉しいですこと、向井遼平先生仰るとおり三田村の家内、自分でそういうのもなんだけど、まあ第一夫人とでも言った方がいいかしら乃里子です。
仰向けになって正常位で挿入したり
仰向けになって正常位で挿入したり

肉棒と

子宮の奥が熱い医療法人米倉会三田村病院精神科病棟へようこそおいで下さいました。な、なにをふざけたことを。どういうつもりだ。俺を誰と…そう言いつつ、頭を巡らせた。自分は自分の院長室に居たはずだ。この日の仕事を終え、衛生士が入れてくれたお茶を飲んだ。特に変な味がしたという記憶もないが…。誰とって、何をおっしゃいますやら。

自分の妻がオナニーをしているなんて

有名人の向井先生を知らない人間がうちのグループ内の女におりますやら。だからどういうことだと聞いてるじゃないか。しかも…。、バ、尋ねるまでもなくどういう状況かは明白だった。こんなことになっていて、無事で済む話じゃあない。儂は少々こいつらを舐めていたのだろうか。しかも、三田村会長の妻の隣に立っているのは、まぎれもなくあのショーのときに居たロシアから来たという拷問女だ。さっきまでのオナニーで

肉棒でピシャピシャと叩く狼藉を働いていると

ザーメン舐めて床掃除してくれるって

赤目はお尻から愛液が出るのでしょうか
そっと、家元の亜由美の薄い肩をつかむと、いきなり後ろに引き倒す。緒方がサッと、香炉を取り上げる。ピタリと息のあった動作だ。家元の、胸に、くったりと力が抜けたまま、もたれかかる亜由美の表情からは全ての感情が消えたように見える。まるで、眠っている姿そのものだ。目を合わせる、緒方と家元は、ニヤリと笑った。獲物が罠に落ちたのだ。さ、亜由美。おまえさんの心を治して上げよう。

じゃ、いつものように、お清めを。えっと、男さんも、これは、ご一緒してくださいね。ホテルの庭にしつらえた和室の離れで、ずらりとそろった女性の前に、それぞれ香炉が置かれていたのだ。後から思えば、逃げ出す最後のチャンスだったのだが、家元自ら、香炉を差し出してきたら、断るチャンスは、既に去っていたのだ。見よう見まねで、亜由美は、けっして良い匂いとは思えない。を嗅ぐ。煙をお腹の下に溜めるように。この煙があなたの身も心も解放してくれるからね。
奴隷なわみの撮影会に来ていただき

尻の下で

優しげな言葉に、素直に従う亜由美。そう、上手。ゆっくりぃ、ひとつ。ふたあつ。そう、お上手う。よぉおっつう!もっとゆっくりと。みぃぃっつ。力を抜いて、家元が尽きっきりで亜由美に囁いてくる。ている。あれ?なんか、ヘ不思議と、その声がひどく間延びして聞こえ始めンな…力が。

オナニーした事か密かに包皮をめくって


人妻やないけ

けだるい感覚が全身の力を奪う。意識は遠のくような気もするが、はっきりとしてきた気がする。囁くような家元の声だけが、凛々と亜由美の頭の中で響き始めていたのだ。パッチリとした亜由美の黒目がちの瞳から、いつのまにか光が失われていく。何者かに陶酔した表情になっているのを、亜由美自身は知るよしもない。さあ、亜由美、全身の力が抜けちゃったでしょ、さ、力が抜ける…ほら。
ペニスやアヌスを検査ですね

巨乳を括り出すように縄目が掛かっている

そっと、家元の亜由美の薄い肩をつかむと、いきなり後ろに引き倒す。緒方がサッと、香炉を取り上げる。ピタリと息のあった動作だ。家元の、胸に、くったりと力が抜けたまま、もたれかかる亜由美の表情からは全ての感情が消えたように見える。まるで、眠っている姿そのものだ。目を合わせる、緒方と家元は、ニヤリと笑った。獲物が罠に落ちたのだ。さ、亜由美。おまえさんの心を治して上げよう。

セックスす


尻悦仰向けになっていつものように脚を開け
14を、治すう?どこか、夢見心地の声だった。目を閉じたままの亜由美。そうだよ。おまえさんは、良い子だった。ゆっくりと首を振る亜由美。どこかしら、苦しげなイヤイヤに見える。でもね、どこかしら、傷がある。傷なんて。あんたのせいで、お兄ちゃん、オリンピックに出られなくなったんだよね?その瞬間、首を振る亜由美の眉間にしわが寄る。さ、本当のあなたは、どれほど嫌な子なのか、ダメな子なのか、ちゃんと調べてみないとね。
セックスを楽しみ

男根を抜き上げるとき

夫は、元オリンピック候補。大事故で、選手生命を絶たれた。その助けた相手こそが亜由美だということまでは調べが付いていた。おまけに、大学時代のミスコンでの受け答えを分析すれば、典型的な。良い子ちゃんシンドロームの優等生なのは明白だった。周囲からは常に期待され、本人も、それに応えるべく努力をして来た、小さい時からの。

股間が熱く

それよりも彼女のほうからすすんでフェラチオをしかけてきたことが高見にとっては驚き

真っ白な肌が赤いワンピースに艶股間が膨らんでくる
エッチな恭子さんを楽しませてやらねばならなかった

はっきり言ってブスだ。だが、当時はまだ大いに目の曇っていた。俺は、10台後半のエロ娘にたぶらかされてしまい、抱いてしまったのだ。するとすっかりなついてしまい、いつの間にか気が付くとここに居候のように居座っていたと言う、困ったやつだ。家事をするどころか、ご覧の通りごろごろしてしょっちゅうえっちをせがんで来る。俺が相手をしてやらないと、オナニーに耽っていると言う。

下半身が甘く痺れて

エロいことしか頭にないバカ娘だ。俺の方も当時は日に何発も出さないとムラムラしてしまう程性欲が強かったので、住まわせてやる代わりに性欲処理の相手にしていたのだ。もちろんただ一緒に暮らしているだけで、結婚しようなどとは毛ほども思ってはいない。芽衣の方もそうだろう。お互今はハタチそこそこだが、パンダみたいなよくわからないどぎついメイクをしている。背は低く体は貧相で、抱いてもさほど面白味のない女だがとにかく性欲の塊みたいなやつなので。生セラ。と称したいかがわしいショーで、パンツ売りの女の子とからませてみるとこれがはまった。

客のものにフェラチオを行ったことは数回しかない

もともとレズっ気も大いに持ち合わせていたようで、相手の女の子をお客さんの前でいたぶり羞ずかしい目に遭わせるショーを自分で演出するようになったのである。今ではいっぱしの調教師きどりで、人妻ブルセラを始めるとますます張り切って、自分の母親みたいな女性を辱めることに生き甲斐を感じているようだ。すぐに支度して、下に下りろ。今日の相手はお前の倍くらいの歳だがスゲエ美人だぞ。ふうん。じゃあ親子プレイね。あ、チンポは着けてこっか?お前に任せるから好きにしろ。すぐに商売道具である薄汚れたセーラー服を着始めた芽衣を見届けると俺は再び梓さんが待つ部屋に戻った。チンポをねじ込む美由紀の

股間がモ口に迫って来る

まさかと思ったが、梓さんはセーラー服をはだけて自分からブラとパ。ツを見せる、ブルセラショップの商品パッケージ写真用のメチャクチャ羞ずかしい格好で、顔を真っ赤にして待っていた。恐らく俺がいない間もバカ正直にスカートをめくり胸元をはだけて、ひどい羞恥に悶えながら堪え忍んでいたのだろう。ズルをすればいいのに、俺に言われた通りに従ってしまうとは、彼女のような素晴らしい美女がこんなにどMだなんて、おいしい話があってもいいものか。俺はこの商売をやってて良かったと、生まれて初めて神様に感謝する気持ちになっていた。

バイブによってさらに激しく乱れていきました
股間には少しも触れられる前に

乳首が固くそそり立っている

アナルもつ奥さん、よっぽどそのえっちな格好がお気に入りのようですね。あなたがこうしてろとおっしゃったんじゃないですか!どっひゃーマジで超ヤバいじゃん、このオバサン。ねえねえ何でパンツ見せてんのーウケる!だが、オツムの弱い女子高生みたいなしゃべりで、小汚いセーラー服を着た芽衣が入って来ると、梓さんはさすがにハッとした様子でスカートを戻していた。いーじゃん、オバサン。もっとパンツ見せてよ!

痴女たちはブリーフに透けた

コラコラ、勝手に梓さんに近付いて触るんじゃない!が、俺が注意す。る間もなく、ずかずかと無遠慮に辛さんににじり寄った芽衣が、バッとスカートをめくり上げるものだから、梓さんはすっかり怯えて慄えていた。えーっと、こいつが奥さんと一緒にショーに出てくれるメイって子で。ヨロピクね、オバサン。よ、よろしくお願いします。いきなりスカートをめくりニカッと笑ってピースサインを見せる芽衣にまで、ペコリと丁寧にお辞儀をして挨拶してしまう梓さん。

クリトリス弄りをやめようとしなかった

素直にペニスを受け入れている

こんな刺戟的な下着をつけて

色白の肌の中に、縦に並んだピンクの花弁が何枚もほころび、透明な蜜に濡れて、穴が覗く。キラキラと輝いている。花びらの中心には、小さくすぼまった。昨日、喜四郎に指を入れられた膣口だと、すぐに気づいた。はっきりと目についたのは、肉花の最上部に位置する、桃色の真珠を思わせる粒だ。昨日も喜四郎の指で散々に嬲られ、生涯最初のエクスタシーを爆ぜさせた官能の凝集体。

痴漢の指にいいようにあつかわれた

クリトリスはすでにぷっくりと膨張して、なにかを求めるように脈動している。いやらしい!と、理紗は思ってしまう。他の状況で自身の女性器を見たなら、ただ美しいと思えたに違いない。これほど精巧な作りの器官を持つ人体の神秘に、心を打たれただろう。しかし女性器を輝かせているものが、かっている。絶頂を極めた結果の分泌物だとわ美しさこそが、自身の肉体の淫らさの証明だ。

 

奴隷の性器に口をつけて

エッチなつもりではないいやらしい。いやらしすぎるわ!このいやらしいモノを、息がかかる距離で、られている。理紗先生の味見をしよう。喜四郎にまじまじと見つめいきなり、クリトリスに向かって舌先が伸びてくる。花壇を荒らすなめくじを思わせる、グロテスクな姿だ。敏感な女芯に触れられたら、腐って落ちる気がしてならない。ねっとりと敏感な女芯をこすられた。ぬめつく舌で、ふんぐうっ!

観覧車のなかで一瞬だけ見た乳首想像を超える快感に撃たれて、理紗の身体がわずかに浮かぶ。無意識に強く床を蹴ったのだ。後ろ髪が仕切りにこすれ、手錠が板をひっかいた。肉体の悦びの爆発的な大きさが、より深い戦慄を呼ぶ。ま、また、すぐ絶頂させられてしまう!んぐつーくううつ!おおおおむうっ!理紗の懸念を嘲笑して、11度、111度、と陰核の表面を舌が往復する。

人妻の秘穴が男の指を悩ましげに締め彼女の体の中では

オマンコ見せてくれればいいんだ下半身がガクガクと震え、筋力がそぎ落とされていく。ただクリトリスだけには、刺激に応じてカと、血流が集まり、さらにふくらみを増した。さらに舌が肉襞をかきわけて、縮こまった処女孔に触れてくる。たった。一度、指の先端を挿入されただけの女の入口は、舌先でなでられると、降服したように口を開いた。中から、クリトリス責めで湧きだした女蜜がこぷっとあふれ出る。

あまり肉付きのよくないお尻でしたが

勃起したペニわざと大きな音を鳴らして、んんんっ!喜四郎が愛液をすすりあげた。その痛烈な音色に鼓膜を撃たれて、理紗は激しく身悶える。両手が自由なら、耳をふさいでいたが、今はどうにもできない。自分の肉体を恥ずかしい楽器にして奏でられる、おぞましい楽曲を聞かされる。何度も喉を鳴らして愛液を飲んでから、ようやく喜四郎が顔を上げて報告した。

膣口が指を咥えて収縮すると

ペニスを握って振りながら

クリトリスを嬲っているようだ
あなた、今日は。になってね。そうおっしゃった先生は毛筆を私に握って見せています。その筆からは墨汁がポタポタと垂れていて、どうやらさっきの冷たい感触はそれで撫でられたものらしいのです。ハッとした私はそれを確かめようとしましたがカラダが全く動きませんでした。そしてあろう事か、私は衣服を全て剥ぎ取られ全裸で床の上に仰向けで寝かされ、手足は大の字に開いて固定されていたのです。慌てて力を入れても全くビクともしませんでした。

花崎さんと吉田さんはいつも通り無駄口を利く事は一切なく、さ、行きましょう、とそこから先生の自宅まで歩き始めました。私は普段ほとんど口を利かない先輩と一緒だし、先生のご自宅に招かれたと言う緊張感でそわそわと落ち着きませんでしたが、2人の先輩も何だか緊張しているみたいで、脚が慄えている様子がわかりました。そう言えばこのお2人の共通点をもう1つ発見しました。いつもオドオドとして大変な羞ずかしがり屋さんで、先生と話す。時は不自然なくらい緊張してかしこまっているのです。
正座したまま喜八郎の股間ににじり寄った

真理に肛門をなめられるとは思わなかったのだろう

何かあるとパアッと顔を真っ赤にして黙ってしまう、そんな姿をよく見かけるお2人で、それは又私にも当てはまる事でした。さあ、ここが先生のお宅よ。花崎さんがそう言って示した家には、秋山書道教室。と言う看板が掛かっていました。恭子先生は、ご自宅でも教室を開いて一般の方々にレッスンをしているのです。今日は一般生徒はお休みで、私達のために練習室を貸して下さる、という話でした。あら、いらっしゃい!呼び鈴を鳴らすとすぐに出て来てくれた恭子先生は、休日だからでしょう、いつもとは違ってシャツとミニスカートというラフな格好で、ちょっと露出が多いのではないかと思いましたが、それはそれでドキドキしてしまう程魅力的でした。

処女を破ってやりたい


どんなふうに勃起するんだろう……少年の性器を観察したいという欲望が

でも声の調子はいつもの優しい恭子先生そのもので、私は少し安心しました。私達3人はレッスンの前に、まずとても立派な応接室に通され、深々としたソファーに座らせてもらった上に、先生がわざわざと紅茶とお菓子を出して下さいました。遠慮しないで、召し上がってね。先生にそう勧められても私は緊張して手を付けられずにいましたが、人の先輩方が私にもお菓子を取ってくれて紅茶に口を付けたので、私も高級そうな和菓子を食べその紅茶を飲んでしまいました。半分くらい飲んだ。頃何だか舌先にピリッとした味を感じましたが、その時にはもう遅く、私は急に体から力が抜けクラクラと目が回ったかと思うと、気を失ってしまっていたのです。瞳ちゃん、目が覚めた?顔に妙な冷たい感触を覚えたかと思うと、次に目を覚ました私は、余りにもとんでもない事態に全く頭がついて行きませんでした。
下半身に伸びてきて

亀頭部から

あなた、今日は。になってね。そうおっしゃった先生は毛筆を私に握って見せています。その筆からは墨汁がポタポタと垂れていて、どうやらさっきの冷たい感触はそれで撫でられたものらしいのです。ハッとした私はそれを確かめようとしましたがカラダが全く動きませんでした。そしてあろう事か、私は衣服を全て剥ぎ取られ全裸で床の上に仰向けで寝かされ、手足は大の字に開いて固定されていたのです。慌てて力を入れても全くビクともしませんでした。

奴隷になり


尻横で
半紙さんは文鎮で押さえてるから、大人しくなさい。何と私の両手と両足は、と言われた大きな金属製の物体で、大相当重く頑丈な物らしく、きく開いて押さえ付けられていました。とも私の力ではどうにもなりません。んんっっ!!私はうろたえて声を出そうとしましたが、今度は口に高か噛まされていて言葉になりません。半紙さんは、しゃべらないわよ。いつもの優しい口調の恭子先生でしたが、これは現実の事なのか、私は次第に自分の置かれた状態を理解するに連れて頭が錯乱しそうになっていました。
途端に股間に手が差しこまれる

すごく勃起してるよ

しかし本当に錯乱してしまうのは、これからだったのです。それでは書会を始めましょう。先生がそう言い、ハッと辺りに目を配ると、2人の先輩方も全裸の私のそして先生と2人は毛筆側に制服のままかしこまって正座していました。を持ち、硯の墨汁を穂先に含ませていました。半紙って、ま、まさか…そう、そのまさかでした。3人は私のカラダをブリ墨汁を含ませた毛筆で字を書き始めたのです。代わりに、タッ。

男根をはい

彼女は勃起しかけたものを撫で回したり

体が耐えられず、心臓が止まってしまうかもしれません。どちらにせよ、もう、縛られて磔にされた人生なのです。ははは。と金男が笑いました。また感じてやがる。濡れた股間を撫でてきました。うれしいのか?よかったじゃないか。みんな大喜びだったぞ。ううううう。彼らはまた来るってさ大粒の涙。

らは楽しくグループセックスの世界を満喫しよう

こっちも涙であふれているよ。それはダメだ。と赤岩が断言しました。おれの縄では誰も死なせない。妙にきまじめな声でした。イベント貞淑な妻、という言葉はもはや死語でしょう。少なくともわたしと哲次の間では。貞操こそ守りつつも、恥ずかしい裸体を大勢の人の前でさらし、身もだえていた妻を彼はどういう気持ちで抱くのでしょうか。この傷はひどいね。誰にされたの。わかりません。木の枝で叩かれたんですから。

 

人妻の秘肉の感触をむさぼりながら

という熟女が来るのを待った股間が熱く

夫は傷モノのわたしを抱き、肌を合わせるとき、傷口を意識しつつあえて無遠慮に触ってきます。その痛みにわたしは耐えます。痛いとは言いません。夫がえぐるように傷に触れても、なにごともないかのようにふるまうのです。がまんするのです。この痛みは、わたしを悪い妻にする快楽そのものです。縄で縛られることを自ら望んだ女。夫よりも縄を選んだ女です。

膣内でイキまくった優香さんを見て貞操具を膣と肛門から取り出すのも、夫の楽しみになっています。で、本当に恥ずかしい姿ですが、隠さずに見ていただきます。こんなになってるなんて。恥知らずな女だな。すみません。どろどろになっているの彼は汚れた器具をしげしげと眺めます。着しなければなりません。ぱっくりと開いてい。あっ、はい。前戯もいらないな。
オナニーしろ
オナニーしろ

フィニッシュするなんて

硬くなりかけた怒張に対するフェラですあとできれいにして消毒し、撮影のときにはまた装るぞ。そしてインサート。乱暴に入れてきて。生殖行為そのものです。溜まっていたであろう最初のほとばしりを、体の奥でたっぷり受けます。こんなことじゃ、感じないんだろ?そんなことありません。半日、酷い目に遭わされて、なんども絶頂を味わっていますが、夫とのセックスはまったく別のものです。

いったん麗の秘唇から肉棒を引き抜いた

それは夫婦として、愛し合ったもの同士の悦びなのです。これを捨てることなど、わたしにはできません。あなた。わたしは彼に抱きつくばかりです。全身が痛いし、肌も傷だらけですが、だからこそ思い切り彼を求めるのです。痛みの中でしか、あの快楽は得られないから。一度の射精では終わりたくないのです。わたしは彼の股間に顔を埋めます。美冴緒の肛門までも露出させた

人妻が溜め込んでいた欲求不満を解消してやった

調教師がまたスイッチを入れたのは明らかです

なかなかそそられる尻の持ち主だ
乳首を舐め回たり吸ったりしている

和花の心は狂いそうだ。いや、既に狂ってしまったのかもしれないと、思おうとしてしまうのも仕方ないのだ。とうとう、和花の唇は開いてしまったのだ。何回目かわからない、オーガズムの頂点を目の前にして、和花は、とうとう、男が望む言葉を、叫んでしまうのだ。愛しえ?え~。あーきゃああ!メスになりきろうとした和花の世界が、一瞬で崩壊した。目の前に、あろうことか、夫が現れたのだ。その瞬間、和花の牝肉は、猛烈な勢いで、男のモノを締め付けていた。もちろん、その締め付けは、快楽のためではない。

射精管理も自在な筈の

驚きの不随意筋運動。ふ、ふむむむつぐつ。突然入ってきた男に、さすがに、和花が驚いたのだろう。山崎は、その不躾を叱りつけようとしたにもかかわらず、この締め付けは強烈だった。限界まで高まっていた射精感に遂に負けたのだ。猛烈な締め付けの中で、山崎は、ドクドクと射精をしてしまった。熱いしわぶきを子宮に注ぎ込まれるのだ。膣とは別の反射が、猛烈に子宮を痙攣させる。

ペニスに燃えるような視線を送りつつ

それはオンナにとっては官能のスイッチを直に操作されると言うことだ。和花の心は、男を拒否しながらも、身体は、仰け反らせながらオーガズムに達してしまう。散々に、オーガズムを与えられたあげくの究極のオーガズムだ。い、いくうーあうう!いやあ!あううう!夫の目を意識しながら、それを拒むことはできなかったのだ。さすがに、山崎も、その叫びの意味に気がついた。亭主あ痛ったたたた。その瞬間、山崎の唇からほとばしったのは、何とも間抜けな声だった。女子高生に戻った恭子さんが

生中出しされた穴という穴から

和花は、オーガズムも味わっていたが、あまりの驚きからくる膣痙攣も起こしていた。でさえ、和花の牝芯は、カンヌキと呼ばれる強烈な締め付けを身につけている。胎内を我が物顔で荒らし回った男根を根本から、グッと締め付けて、そのうえ、逃がさないとばかりに、括約筋が、射精してやや硬直が弱った男根を握りつぶすように締め付けているのもはや、それは、強烈な拷問に近い。男根を千切られてしまいそうな恐怖すら起きる痛み六--六。痛い痛ったったた、あいたたた。悲鳴を上げる山崎。この野郎、早く-花を降ろせ。いや、う、あう、痛くて、頼む、とってくれんか、頼む、とってくれ。

フェラチオは激しさを増し
桃井のいうとおり硬くしこっている乳首にうずくような快感が生まれる

クリトリスを弄っていた

勃起させる異変に気がついた牧野は、あわてて、二人の元へと駆け寄った。和花を後ろから抱きしめて引っこ抜こうとしたが、痛い痛い、と山崎の腰まで一緒に持ち上がる有様だ。入ろうとした瞬間、和花が何をされているのか、素早く察知した樹は、最初は、入り口でた。めらった。しかし、中の異変に気がつくと、恐る恐ると言った風情で、牧野のそばに寄ってきたのだ。しゅんちゃん、これ、膣痙攣よ。これが。都市伝説ではなかったのか~確かに、話には聞いたことがあった。

愛撫の速度を速めていきました

膣と肛門を8の字に取り巻く括約筋を初めとして、インナーマッスルに至るまで、何かのショックで、痙攣してしまうという。その時に、男根が入っていると、最も強い筋肉は入り口付近の括約筋であるため、根本を締め付けて、しぽめなくなってしまった男根を強烈に挟み込んでくるわけだ。この時の締め付ける圧力は、一般女性の握力以上であるという。要するに、しおれかけた男根の根本を輪ゴムで縛って、それを目一杯、容赦なく握り潰そうとしている、というのと同じなのだ。少しでも身動きすれば、激痛に呻かれては、相手のことがどうであれ、とっさに動けるわけカ有し動くに動けない和花は、夫以外の男にまたがって、男根を受け入れた姿のままで、るしかない。

股間で受け止めながら

下着姿を見られるかもという想像

もはや下半身は丸見えになるまではだけている

女医の方がって言われても、僕、何て言っていいか…。貢は包皮が剥けて出ている亀頭がマンコ穴のとば口に入っただけで、医の邪悪な生殖器のすべてを感じたような気がした。女志摩子が言うようにナースや歳の近い学生のときより、濃厚なセックスの予感を抱かせる結合である。沙貴は比べられてあまり良い顔はしなかったが、診察台の横にしゃがんで志摩子のセックスの補助をするように、貢の尖った乳首を指で愛撫し始めた。志摩子はまだ亀頭が体内に入っただけなので、手を添えてM字開脚で踏ん張った。

オマンコだろ

外れないようにペニスにズッ、ズニュッ。ああ、はうーっ。志摩子は息を止めて、せていった。僕のが、は、入る。貢の亀頭から肉棒の胴までオマンコ内部に没入さ貢が顔を起こして志摩子を見上げる。はうっ…あおおおん!志摩子は息を吐き、深く吸い込み、その息をぐっと溜めてから鼻孔粘膜を震わせる淫声を診察室に響かせた。そのとき貢のペニスは基底部の毛のところまで志摩子の秘壺の中に納まっていた。

 

r捕虜にフェラチオをさせる時は

そこがわたしのお尻の穴だということが僕の、お、おちんぼが、おちんぼがあ。おちんぼが何?全部、は、入っちゃった…ああ、せ、先生のオ、オマンコに、今、ズボッとお。貢は自分の状態を自然に口に出して言った。志摩子の猥褻な言葉に影響されたからだが、催淫剤で敏感化しているペニスをざわざわと性刺激が襲っていたせいもある。乳首をいじっていた沙貴が貢の顔と志摩子の顔を交互に見て、先生じゃなくて、志摩子先生って言いなさい。わたしに沙貴さんて言うみたいに。志摩子先生のオマンコつてうふっ。

お尻を大きく振ってエロナースの言葉は耳からの刺激になってペニスに響く。亀頭はズズッと志摩子の膣襞を擦って入り込み、肉棒本体のごつごつした棍棒部分でも膣壁を味わった。貢は名前を言わされて、沙貴の名前を言わされたときと同じく恥ずかしいような嬉しいような心持ちになった。志李自身も名前で呼ばれて嫌がってはいない。笑みをこぼしている。肉棒は横にびっしり付いた膣襞密着のまま、深々と子宮口まで侵入を果たした。

アナルレディを募集していた

射精まで持っていかれるああく貢クンの生の棒が今、奥にぶちゅうつときたわ。志摩子は両手で自分の乳房を握って揉みながら、ゆっくり腰を上げていく。また下ろし、ズボッと没入させる。徐々に腰の上下動を速くしていっ貢からは紫のボディスーツに透けた釣り鐘の肉房が見える。赤く小さなイチゴ大の乳首を載せた肉房が上下に躍動している。医師の権威を表す白衣の間から覗けるのが興奮ものだ。

抜き差しされる赤膨れのペニスは大量の愛液がからみつき

彼は再びお尻を叩きあうああン、はソ、ああーっ!志摩子は急ピッチで腰を上下させてハメ込むたび、可愛いような声を上げた。額に汗を滲ませている。いやん。先生、乙女っぽいわ。顔に似合わない妙に沙貴が診察台の上の志摩子を見上げて冷やかしを言う。さっきナースや学生よりいいでしょうと言ったことに対するお返しかも知れない。日頃た。だの子分として仕える身の沙貴としては礼を失しているが、ペニスをハメさせられている貢はそんなことは分からないし、志摩子の喘ぎ声を味わう余裕もない。

正座したまま喜八郎の股間ににじり寄った

美少女が俺のものだという幸運に酔っていると

駅コンビニ犯は美奈子の口の中に射精した
妻の上手なフェラも

日本の女の子だとまだこんなショーに出てはいけない年頃ですし、まだまだ女としては未熟でましてやマゾとしては赤ちゃん同然でしょうが、この子は十三歳から性の奴隷として躾られ、マゾとしてもとっくに一人前です。絶対服従というのはこの子のためにあるような言葉だと、出会って私は思いました。ドバイへは教育のため送り込まれたのではなく、お金のために売られてきたのだそうです。普通はあそこで教育を受けさせればいくらでも稼がせることができるのにも関わらず、よほどお金に困っていたのでしょうか。日本円でいうとたったの一千万にも満たない金額だったそうです。

包んだ長身の美少女

私たちはその十倍近い金額で買い取ったのですが、それがどんなに安い買い物だったか、これから皆様にお見せいたします。瑞花が合図をすると、それまで客席の方に尻を向けていた娘は、について、顔を鉄檻の方に、尻をトレイが乗ったワゴンに向けた。手を床客席からはその横顔と、後ろに覗く豊かな右の乳房が四つんばいになった腕のすぐ瑞花が手にしたのは七八センチほどの長さの針だった。さえぎ視界を遮らないようにして娘の正面に立つと、それを合図に娘が舌をちゅうちょ差し出し、瑞花は何の躊躇もなくその舌先から11センチほどの場所に、まっすぐに針を突き立てる。けいれん娘の体が苦痛にピクリと痙攣したように見えた。

お尻を切り取ってくれたほうがマシだと思えるほどの痛みです

それでも目を必死に開けて、瑞花を見つめている。次に瑞花のしたことはトレイから長くて細い針金を取り上げ、針の一番Eに通すと針を一気に下側から抜いた。瞬間、針金が貫通した部分から血がだらだらと滴り落ちる。リサが一瞬顔を背けるのが目に入ったが、筋金入りのサディストばかりの客席からは拍手が起こった。瑞花はそのまま針金を1メートル近く舌に貫通させ、針をはずして両端を手に取ると、娘の目の前に置かれた檻の一番上のへりに結いつけてしまった。膣が裂けたように感じたのだが

肉棒がヌルリと姿を現す

最初ほどの勢いではないが血が娘の舌からポタポタと落ち続けている。これでこの子は身動きすることも出来ません。下手に動くと針金が舌を引き裂き、致命傷になって命の危険さえございます。さて、これですぐに鞭に入ってもいいのですが、せっかくですからどなたか臨戦態勢にある殿方はいらっしゃいませんか。この態勢のままズブリとご自慢のものを突っ込んでみたい方は手を挙げて立ち上がったのはあの香坂だった。

女の股間を撫でまわしているようだ
盗撮用にカメラを仕掛けようとしていた藤江にとっては幸いした

股間が剥きだしになった惨めな姿が幾重にも重なって見えている

びくともしません今度は左尻に激痛が襲います香坂がステージへ上がると、瑞花が敬意を表して片膝をついて丁寧な仕草でベルトを外し、ズボンを脱がしてトランクスの上からそれを一握りす。るというサービス付きで、年齢の割には派手なトランクスも両手を使って脱がせた。昨年の香港のショーでも余裕綽々でフェラチオのプロの技を受けきった。高級官僚は、挿入の瞬間に客席を見回すほどの余裕を見せ、一気に根元まで刺し貫いた。中で出しても構わないけど、制限時間は五分ね、と瑞花が念を押す。

乳首の周りに

最初ゆっくりとした動きから、段々とストロークのピッチをあげていくと、十七歳の娘はすでに性感を十分すぎるほど開発されているのか、上半身はほとんど身動きならぬままも、腰と尻のわずかな反応が感度良好であることを伝えている。あんな若いガキがフェロモンたっぷりというのも金髪の姉ちゃんならではかねぇ。それにしてもあの元大使のおっさん、初めて麻美とやった時はえらく早漏だった気がするがずいぶんと変われば変わるもんだ。いつの間に来たのか、寒河江が米倉の後ろでつぶやいた。香坂がさらにピッチを速めると、舌を出したままの状態で娘が悲鳴ともつかぬ声をあげて痙攣した。