乳首には

静香がいやいや肉棒を咥えたのは明らかだ

彼の股間の上で
今こそ、そのときだわ。女の敵を、警察に突き出してやる!理紗は胸の前で重ねている両手を、自分の尻へまわそうとした。を下げようとしても、周囲の人の壁にぶつかってしまう。まわりの人との間隔が、急にせばまったみたいだわ。だが腕とも思ったが、他の乗客たちが痴漢に協力しているとは考えられない。

あのころは、わたしも好きな先生のことばかり考えていたわね。わたしが泉美さんにそういうふうに思われているのなら、やっぱりうれしいわ。理紗は尻に、これは。異質な接触を感じた。人間の手であることは間違いない。尻を包むライトブルーのスカートの上から、五本の指を広げた手がぺったりと触れている。今までも理紗の身体と周囲の乗客の身体は、密着している。
マンコのなかが気持ちいいですぅ……

洋子がペニスから口を離して喘いだ

誰かの手がスーツの腹や背中に何度も触れたが、満員電車の中だからしかたがないと意識の外へやっていた。だが尻に触れる手には、アクシデ。トではなく、感じた。警報が、理紗の中で大きく鳴り響く。まさか、痴漢!?でも。はっきりとした意志を痴漢冤罪の悲惨なニュースは、何度も見ている。と車両の揺れのなせることかもしれない。この不審な手も、混雑そう懸念した途端に、手が動きだした。

アナルオルガ私立の顕能高校は週五日制ではないので


ペニスの先端を濡れた粘膜にあてがい

虫があたりを探りながら這うように、五本の指が細かく蠢いて、尻たぶの曲面をまさぐりだす。理紗の背筋を、冷たい嫌悪感が駆け昇った。間違いない。痴漢だわ!痴漢に遭遇した女性が、恐怖のあまり、身体が硬直してなにもできなくなるという体験談を、理紗も聞いていた。そのたびに理紗は怒りに燃えた。自分は痴漢に怯えることはない。必ず捕まえてやる、と決意をくりかえしたものだった。
ペニスをギンギに

アナルにバイブレーターを入れてしまったら

今こそ、そのときだわ。女の敵を、警察に突き出してやる!理紗は胸の前で重ねている両手を、自分の尻へまわそうとした。を下げようとしても、周囲の人の壁にぶつかってしまう。まわりの人との間隔が、急にせばまったみたいだわ。だが腕とも思ったが、他の乗客たちが痴漢に協力しているとは考えられない。

夫の愛撫が一番感じるに決まってるもの


湿った指が乳首を刺激するたびに
手が使えないなら、大声を出すしかない、と理紗は決意した。しかし喉もとまで出かかった声が、異様な触感にせき止められた。膝下まであるスカートの裾の中で、右足の太腿の内側に、冷たいものが触れた。冷たく、硬く、薄い物体だ。本能が、肌が粟立つような危険を警告した。これは剃刀!剃刀の刃が、内腿に当てられているんだわ!
チンポをねじ込む美由紀の

バイブレータを

全身が痺れるような冷たい恐怖に襲われる。それでも理紗は、背後に目をやらないではいられなかった。本能が、今度は恐怖の源泉の確認を求め。この男が…。ねじった視界に入ったのは、古くさい漫画から飛び出したような顔だった。野球帽の下で、黒々した大きなサ。グラスが光を反射して、目を完全に隠している。鼻と口も花粉症用の白いマスクで覆われて、まったく人相はわからない。