途端に股間に手が差しこまれる

しかしここで痴漢を認めたら

ちょっと目つぷつてお口あ11んしてみて。言葉は柔らかいが、持っている。いえぼくはいいですとは言い難いものをノゾミは細い指先が、ひとつまみの粉末を目を閉じた巨漢の口へと運ぶ。ノゾミは男の口の中深く喉の方まで親指と人指し指を入れて、指先を離すとスッと引き出した。その途端。うげつ、げっ、げぽげほ。痛て、痛て。み、水、水下さい。ライと名乗った男は、その巨体を揺すって咽せている。

デカチンで大歓びしちまうヨメさんを見せ付けられちゃ

あら、やっぱり辛いのね。か、辛いなんてもんじゃないっす、い、痛いっす。からからうっすらと目に涙まで浮かべて、やっとそのひと言を言うが、再び咽せかえった。あら、お水なんか飲んじゃ駄目よさんはたまには奴隷のツラさや気持ち、少しはわかってあげなくっちゃね。男の様子には意も解さずといった様子で、ノゾミはうふふふと笑った。さて、何回イッたのかな。みきが声をあげたのは十回ではきかないだろう。

 

歩は再びペニスに手を伸ばした

アナルの指がなかったら純粋にすみれとセックスがしたかったのだ

後半十分で、十八回かな時計係をしていた男が、回数もカウントしていた。そ、じゃあ最初の分は唐辛子責めをうんと味わってもらうことにして、ビンタと鞭は百八十発で勘弁してあげるとしょっか。私が百発であと八人に十発ずつとかね。お、お許し下さい。声を出すななんてそんなの全然無理です。はいはい。で、契約書にサインはする気になったのノゾミの質問にみきは首を横に小刻みに振り。

尻を突き上げてしまうのはこんなこと奴隷になって、しょっちゅうされるのなんて全然無理です。と、拒絶して。唐辛子も許して。と小声で哀願して見せた。あら、辛い思いもしないとやっぱり駄目みたいねぇ。じゃ、そろそろはじめよっか。どうします、このまま椅子でやります、それとも面白いからまたそこのおっきい人たちに押さえつけてもらってしますか。かなり暴れると思うけどつらケイジは。椅子壊しても困るから、押さえつけてやりますか。
昼過ぎに外出した人妻を
昼過ぎに外出した人妻を

下着が見えそうな程だったがそのときは重い本を平積みになった別の本の上に置き

尻孔にはその方がみんなも楽しと答え、それではということで三人がかりで縄をほどかれ、まだ半分咽せて目を白黒させているライではない方の、もうひとりの巨漢が一旦抱きかかえて、床に寝かせた。じゃ、まんぐりにしてお尻の穴を天井に向けてもらおっかなノゾミの言葉通り、両手は万歳の形でふたりの男にそれぞれ押さえられた上に、肛門が真上に来るように体を半分に曲げられたみきは、Vの字にそれぞれ左右の足を再び大男ふたりに抱えられた。まあ、ほんとにすごい濡れようね。それにお尻の穴ヒクヒクさせちゃつて、早く欲しいのね。マユミちゃんそこの器ふたつ取ってくれる。立ち上がって様子を見ていた佳代子に、みきの乳房の上に座りこんで全体重をかけたノゾミがテーブルの上を指差す。水を少し足したのだろう。浅底の器にはどろりとペースト状になった黄金色のそれが、すり鉢状のもうひとつの器には多分タバスコかそれに類したものであろう、真っ赤な液体がたっぷりと入っていた。

オマンコと合体する事はもちろん

さて、覚悟しなさいね。さっさと契約潜にサインしなかったことを、たっぷりお尻の穴で後悔させてあげるわよ。みきの乳房をいびつにひしゃげさせて胸の上に座りこんでいるノゾミはまず最初にペーストを指にすくった。どれどれ、少しくらいお尻に傷があったりするともっと面白いのにね。先にアナルファックでもしたらよかったかしらノゾミは追い打ちをかけるような言葉を言いつつ、肛門周辺に塗りつけた。うぎゃっ、たっ、た、いっ、痛いっ。最初に中指のそれを途端に不自由なお尻全体をその動く範囲目一杯に揺さぶって、で苦痛を表現する。クンニを始めれば

ペニスやアヌスを検査ですね

乳首に米倉は加奈の中にドクドクと

リンチですって?まっていました。もっとも、私の場合は立てないので、四つ這いのまんの様に首を柱の根元に繋がれたのです。鞭打ちの処刑人が居るのですの?処刑は、被害者か、その指定した者の手で行われはす。分の手で鞭を揮うことになりました。私の場合は、啓子が、白しょうね。突き上げる様な痛さです。私は、悲鳴を上げて、四つ這いの身体を左右に動かし、尻を振って何とか鞭の直撃を避けようとしました。フフッ、さぞ、無様な格好だったんでしょうね。

ペニスも大爆発を起こしていました

…アラ、御免なさい。貴方は、それどころじゃなかったんですものね。女に鞭打たれて、悲鳴を上げて尻を振る私の姿は、確かにそれは無様と言うか、滑稽だった様です。、皆の笑いものにされて、私は恥ずかしさで首まで赤くなりましたが、鞭打ちが再開されると、我慢出来ず、再び悲鳴を上げてもだえるしかなかったのです。の鞭打ちは、まるで百回かと思える程の長さに感じられ、啓子が”もうひとつ行くわよ””思い知ったぁ”と声を掛ける度に、恐しさで全身が震えました。きっと、身体に鞭の跡が付いたでしょうね。とか勿論、跡が一生創として残っています。

 

セックスの快楽を和花自身の身体が味わい尽くそうとしていたのだ

夫のセックスを受け入れるべき奴隷なわみの撮影会に来ていただき

鞭打ちの刑を受けた後は、また前の生活に戻ったのですか?いいえ。生活はすっかり変りました。…と言うのは実は、鞭打ちと同時に、私は啓子の奴隷の身分に落されてしまったからです。奴隷の身分ですって?その地方には奴隷制度があったんですの?昔はあったそうです。つまり、地方の豪族の間で戦いが常に行われていた時代には、捕虜を奴隷にするのが普通だったのです。しか残っていません。でも、少しにせよ奴隷がいたのですね。そうです。

これならセックスも可能ね私の村には居ませんでしたが、隣りの村には数人居たそうです。しかし、その当時の奴隷は、その頃になると、数える程ですから、奴身分について説明を受け、奴隷の印として、頚に鎖付きの鉄製の輪を嵌められました。ラ、私の頚を見て下さい。日本へ出発する前日まで嵌められていた首輪の痕が付いているでしよう!小受けるの?公証人に、奴隷の身分の説明を聞いて、私は気が遠くなる程のショックを受けました。まり奴隷は、永久に水を飲めないのです。エーッ、水を飲まなきゃ、死んじゃうでしょう?鞭打ちが待っているのです。
またオマンコしてください震える声で麗は訴えた
またオマンコしてください震える声で麗は訴えた

セックスだけはダメ

指には蜜のような液体が膣から湧きだしているのが感じられるマー、呆れたわそれじゃ、貴方はそれ以来、奥さんの小水を飲んで生きて来たってわ便鞭打ち刑の後、奴隷の首輪を嵌めるため、ひと晩、村の鍛冶屋の納屋に寝。そうなんです。かされ、翌朝、私は村の公証人に鎖を引かれて、私の主人である啓子のところへ、奴隷として生まれ変った身体を運びました。…そして、彼女の前にひれ伏して、その足に口づけしたのです。の前に近付く啓子の尻を仰ぎながら、命ぜられるまに、口を大きく開いて彼女の小水を飲まました。終った後を舐め清めた後、き込みは、無念さと情けなさで思わず嗚咽を洩らしました。

射精なのだろう

そして、その晩から、例の式”の再現が始まったのです。と言うことは、また、この前の様に、夫婦の夜の営みの慰みものにされたのですの?ついでにアヌスを舌で清める様命じられた時”離婚前戯から後始末まで何度も繰返して舌奉私への愛想それだ。どんな屈辱的な命令にも有無を言わせず従わされる無念さは、口に言えないものがありも1回だけでなく、二回、三回と繰返すことが多く、以前は、道具として一方的に使われるのです。それに、奴隷として、付かしが目的でしたが、けに、ました。前の時は、今は終った後で、二人の下穿きを舐めさせられる辱めを受けたと言われましたけ。硬くなったペニスが上から下まで蠢く秘肉で摩擦される

どうして乱交だとこんなに心乱されてしまうのだろう……カラオケとセックスは別だから

セックスをするという罪深い行為には同意したワタクシです

エッチな声を押し殺します
奴隷の絆を断ち切らない決心をしたのだ

そして私は無我夢中でもう片方の乳首もクリッと摘みました。再びえっちな声が迸り、のけ反りっ放しになった私は、それだけの事で物凄い快感がカラダを突き抜けて来るのが恐ろしくなりました。そのえっちな2つのトンガリからダイレクトに子宮まで強烈な心地良さがズンズンと響いて来るんです。まるでおっばいの先端に2つのクリちゃんが出来ちやったみたいでした。私はもう完全にハアハアと吐息を荒げるえっちモードに突入し、覚悟を決めてさっき。

痴漢されていた女の子を放つておくって事

タクヤ様。に写メを送ってしまったビチョビチョのパンツに、乳首を離した手を向かわせました。乳首だけでこんなに気持ちいいんですから、もっと感じちゃうクリちゃんを触ったらどうなってしまうんでしょう。普段からやっぱりクリちゃんはとても気持ち良い、私の最も感じちゃうポイントです。実は私、オナニーなんてした事がありませんでした。これは本当で、主人としちゃう前に経験した男の子達とのセックスも痛いばかりで、あんまり気持ち良くなった事がなかったんですけど、オナニの快感すら知らなかったのがいけなかったと思います。

勃起から口を離し

若い男の子達は私のカラダに興奮して乱暴になったり、反対に臆病だったり、えっちの手な人はいませんでしたしね。それは主人も例外じゃありませんでした。彼はえっちの時、まずキスしておっぱいを揉み、それからすぐに合体して、と言う全然淡泊なセックスしかしてくれないんです。私は主人が好きなのでガマンしたんですけど、あんまり濡れてないのでとても痛いです。でもそんなもんなんだろうと思ってましたし、回数を重ねるとキスとおっぱいの愛撫で気分を盛り上げるのがうまくなり、あまり痛みは感じじなくなってだんだん気持ちいい。と感じる事が出来るようになりました。それに始めの頃を主人を喜ばせる。亀頭を上下に細かく擦り続け

肉棒を包みこんだ

ために演技で感じてるフリをしたもんですけど、夫婦生活が続いているうちに演技しないでもよいくらい気持ち良くなって来たんです。仲の良いお友達と話をしていてわかったんですけど、女性のオマンコはずっと同じ人のオチンチンとしてると慣れて来て、どんどん良くなっちゃうらしいです。もちろん相手が好きな男性なら、ですけど。私はたぶんそういう幸せな状態でした。私のお友達にもいろんな女の子がいます。セックスがいいと思った事はない、と言い切る子もいるので安心してたんですけど、主人とのえっちの事を話すとみんな信じられない、と言うんです。おっぱいの先っちょをチューッと吸ってもらったらすごく気持ちいいのに、とか、アソコを舐めてもらわないの?とか。

お尻のニオイがしているような気がしてなりません
硬直させ子宮の壁をグイグイと圧迫してきた

倒錯した興奮をかきたてられてペニスが脈動し

オナニーの話ですよそうか。私はセックスってこんなものかと思ってたんですけど、みんなもっといろんな事を普通にしちゃってるんですね主人は自分がする事に私が口出しする事をものすごく嫌う人なので、どうしても言い出せませんでしたが、私もお乳首をチュウチュウしてもらった。り、アソコをペロペロしてもらいたくなりました。そうしてモヤモヤしてるうちに、1人えっちを覚えちやったんです。主人との淡泊なセックスでもそれなりに満足してたくらいですから、私は自分がそんなにえっちな女性ではないと思ってましたが、それは全くの間違いでした。1人えっちを始めてみると、こんなに気持ちいいもんなんだ、とカルチャーショックを覚えるくらいでした。

調教師としての仕事に役立てる

まず乳首を軽く摘んでクリクリと転がすと、それだけで頭がボウッとなり目がウルウルしちゃうくらい気持ち良くなって、私のえっちなスイッチが入っちゃいます。それからクリちゃんを探って触る快感と言ったらもう、これを知らずに20年以上生きて来たのが大きな損に思えるくらいでした。始めは着衣の上から刺激するだけでも十分でした。家の中の家具の角に擦り付けたり、振動す。る洗濯機をオマタで挟み付けてアソコを擦り付けながらイッチャウのがくせになった事もありました。あ、これは今でも大好きなお手軽オナニーメニューの1つです。それから私はパンツの上から指でクリちゃんの付近をなぞる快感を覚え、さらにお風呂に入った時直に探ってみたんです。

女子高生に戻った恭子さんが

ペニスが何か大きなものに当たったときどうなるか

男の大きな手が、再び有香の頭を掴み、前後させるように指示してくる。デモ、ツカエ。言われて、頭の後ろに組んでいた両手をそれぞれ口元と、垂れ下がった玉袋に添える。頭を動かし、頬張った口の中で懸命に舌を律動させながら、添えた右手でその幹を包み込みそっと根元の方まで形を確認するように擦り下ろし、転させながら、擦り上げていく。そこからは指先で作った輪を右に左に回夫の五十嵐の持ち物も日本人としては大きい方と思うが、男のものは太さは僅かに太い程度だが、長さがそれを握る自分の拳ひとつ分くらい長いのではないかと思えた。床の上で、お客様にもう一度おまんこよく見えるように寝て、足を持ちなさい。

甘やかなオーガズムへの渇望が

客席をまわり終わったのだろうか、女が梨乃に命じている。あ、あーーん、ダメそ、そこお!ほら、もっと舐めやすいように足拡げて。ボブと呼ばれた黒人に性器舐めでもされはじめたのだろう。梨乃はこの数ヶ月で一気に淫乱で感じやすい女の体になっていた。来る日も来る日も、そのことだけに時間を割いているわけだから、無理もないだろう。

 

溶け崩れた二枚の花弁が先端をがっちりとくわえ込む亀頭が濡れそぼった窪みに割ヌルッ

アナル棒がズニュッと直腸内を上昇した肉棒でピシャピシャと叩く狼藉を働いていると

梨乃ママ、娘の中に入るモノの大きさはどう女が質問をこちらに振ってくる。それに対して。こんな大きいの許してあげて。と言ってやりたいが、口の中はそれで一杯でどうすることも出来ない。せめて首を横に振ってダメダメと示してやりたいが、それさえも黒人の巨根が許してはくれなかった。ジュンビ、イイヨ。しばらあえ暫く梨乃を喘がせた後、ボブがそう告げると、有香の方の男は最後に一突き喉奥を責めた。

指がしっとり濡れているのがわかる静香の股間はぐしょぐしょになっていた後、スッとそれを抜く。まるでピンと音がしたと錯覚したくらい、有香の顔の前でそれが大きく跳ねたのがわかった。サア、コンドハ、オレノモデカクスルヨ。入れ替わりにボブが前に立った気配がして、有香は両手でそれを探す。梨乃の性器舐めをしてきたらしいボブのそれは、まだ半勃起という状態の硬さだったが、大きさはその時点で既に日本人男性の完全勃起を遥かに超えている。こんなもので二穴ファックを、あの梨乃の肛門を犯すというのか。はないのかと一瞬思ったが、違うのだ。引き裂かれてしまうので梨乃の二穴ファックは日本黒人の男根11本刺しは、人の男優だと自分に対して行うと加奈は言ったのだ。
チンポを先生の生殖器に入れてくれなきゃ
チンポを先生の生殖器に入れてくれなきゃ

尻も気に入っていた

男は大陰唇を押し開き流石の有香も、こんな大きいものを二本入れられたことはなかった。あーーん、大きすぎる。壊れちゃう。奥まで、奥までいれないで。あ、あ、あー!ん。拒絶の言葉を言いながらも、既に日々の成果で男根に慣らされている梨乃の口から出るのがすぐに喘ぎ声に変わっていく。ボブの巨根は、それでも硬くなった時に思った以上の大きさには膨張はしなかったが、でも先ほどのもう一人よりはあきらかに太い。それ丁寧に舌を這わせ、舐め、だ、ダメー、逝っちゃう。

乳首を持て遊ぶ

手は玉袋を揉みつつ、お尻の穴まで刺激してやる。梨乃が最初の絶頂に達したようだ。さあ、それでは母娘競演から行きましょう。ばせるのよ。ボブ、オレニハハオヤ、サキニヤラセロ。梨乃を四つん這いにして。梨乃ママはその横に並どうやら、黒人ふたりは交代するようだ。主導権は先ほどの男が持っているようだ。有香は、客席の方に顔を向ける形で四つん這いにされた。クリトリスを撫でまわし