正座したまま喜八郎の股間ににじり寄った

美少女が俺のものだという幸運に酔っていると

駅コンビニ犯は美奈子の口の中に射精した
妻の上手なフェラも

日本の女の子だとまだこんなショーに出てはいけない年頃ですし、まだまだ女としては未熟でましてやマゾとしては赤ちゃん同然でしょうが、この子は十三歳から性の奴隷として躾られ、マゾとしてもとっくに一人前です。絶対服従というのはこの子のためにあるような言葉だと、出会って私は思いました。ドバイへは教育のため送り込まれたのではなく、お金のために売られてきたのだそうです。普通はあそこで教育を受けさせればいくらでも稼がせることができるのにも関わらず、よほどお金に困っていたのでしょうか。日本円でいうとたったの一千万にも満たない金額だったそうです。

包んだ長身の美少女

私たちはその十倍近い金額で買い取ったのですが、それがどんなに安い買い物だったか、これから皆様にお見せいたします。瑞花が合図をすると、それまで客席の方に尻を向けていた娘は、について、顔を鉄檻の方に、尻をトレイが乗ったワゴンに向けた。手を床客席からはその横顔と、後ろに覗く豊かな右の乳房が四つんばいになった腕のすぐ瑞花が手にしたのは七八センチほどの長さの針だった。さえぎ視界を遮らないようにして娘の正面に立つと、それを合図に娘が舌をちゅうちょ差し出し、瑞花は何の躊躇もなくその舌先から11センチほどの場所に、まっすぐに針を突き立てる。けいれん娘の体が苦痛にピクリと痙攣したように見えた。

お尻を切り取ってくれたほうがマシだと思えるほどの痛みです

それでも目を必死に開けて、瑞花を見つめている。次に瑞花のしたことはトレイから長くて細い針金を取り上げ、針の一番Eに通すと針を一気に下側から抜いた。瞬間、針金が貫通した部分から血がだらだらと滴り落ちる。リサが一瞬顔を背けるのが目に入ったが、筋金入りのサディストばかりの客席からは拍手が起こった。瑞花はそのまま針金を1メートル近く舌に貫通させ、針をはずして両端を手に取ると、娘の目の前に置かれた檻の一番上のへりに結いつけてしまった。膣が裂けたように感じたのだが

肉棒がヌルリと姿を現す

最初ほどの勢いではないが血が娘の舌からポタポタと落ち続けている。これでこの子は身動きすることも出来ません。下手に動くと針金が舌を引き裂き、致命傷になって命の危険さえございます。さて、これですぐに鞭に入ってもいいのですが、せっかくですからどなたか臨戦態勢にある殿方はいらっしゃいませんか。この態勢のままズブリとご自慢のものを突っ込んでみたい方は手を挙げて立ち上がったのはあの香坂だった。

女の股間を撫でまわしているようだ
盗撮用にカメラを仕掛けようとしていた藤江にとっては幸いした

股間が剥きだしになった惨めな姿が幾重にも重なって見えている

びくともしません今度は左尻に激痛が襲います香坂がステージへ上がると、瑞花が敬意を表して片膝をついて丁寧な仕草でベルトを外し、ズボンを脱がしてトランクスの上からそれを一握りす。るというサービス付きで、年齢の割には派手なトランクスも両手を使って脱がせた。昨年の香港のショーでも余裕綽々でフェラチオのプロの技を受けきった。高級官僚は、挿入の瞬間に客席を見回すほどの余裕を見せ、一気に根元まで刺し貫いた。中で出しても構わないけど、制限時間は五分ね、と瑞花が念を押す。

乳首の周りに

最初ゆっくりとした動きから、段々とストロークのピッチをあげていくと、十七歳の娘はすでに性感を十分すぎるほど開発されているのか、上半身はほとんど身動きならぬままも、腰と尻のわずかな反応が感度良好であることを伝えている。あんな若いガキがフェロモンたっぷりというのも金髪の姉ちゃんならではかねぇ。それにしてもあの元大使のおっさん、初めて麻美とやった時はえらく早漏だった気がするがずいぶんと変われば変わるもんだ。いつの間に来たのか、寒河江が米倉の後ろでつぶやいた。香坂がさらにピッチを速めると、舌を出したままの状態で娘が悲鳴ともつかぬ声をあげて痙攣した。