人妻の牝芯の中で

それまではセックスが苦痛だったんだけど

すると香澄が驚くべき行動に出た。助手席から身をかがめて俺の股間に手を伸ばしズボンのチャックを下ろし始めたのだ。お、おい、危ないよ!涵人さんが欲しいの…香澄は何も耳に入らないようで、高速運転中で減速もままならず手の放せない俺をいいことに、あっと言う間にいきり立ったペニスを取り出すと、何とそれに口を寄せてパクリと含んで来たのだ。くうっ、コイツ、最高の女だぜ。これだけ美人でエロいと来たら何も言う事はない。さすがに危ないので慌てて減速すると何とか香澄を引き離したのだけど危うく彼女の口中に出してしまう所だった。そんなもったいない事は出来ない。遊園地でお目当ての高速ジェットコースターに乗せた時も香澄の反応は素晴らしかった。

綺麗なお尻……信じられないわ

ちょっと高いなと思ったけど高性能のリモコンローターが彼女のミニスカの中で獅子奮迅の働きを見せてくれたようだ。乗り終わってコースターからフラフラになって下りた香澄が羞じらいを満面に浮かべて、おもらししちゃつた、と告白したのだけれど、どうやら失禁だけでなく大量のラブジュースでもパンツを汚してしまったらしい。俺はSっ気を出して替えパ。ツを与えず、エロモード全開の彼女を即座にラブホテルへと連れ込んだ。こういうのもスピード第一が俺の信条である。ベッドでの香澄も最高だった。キスもそこそこに俺のペニスを求めて口でギンギンに勃起させてくれると、彼女の方が馬なりになってくわえ込み、激しく腰を振って来たのだ。

 

ペニスへと右手の繊細な指使いも一級品だ

下着の感触はあるもののクリトリス弄りをやめようとしなかった

若いだけあって締まりも最高だった。俺はあっと言う間に果ててしまい、しまった、と思ったが後の祭りだった。いいよ、安全日だから。香澄の言葉に一安心した俺だったが、射精を遂げたペニスはあっと言う間にダラリと萎えてしまい体を離してそれを見ている彼女の様子も急速に冷たいものになっていった。速いんだね…。彼女の口調がタメ口になっていて俺はこの女とも終わってしまった事を悟った。早漏ですぐに萎える。たちは醒めるのも早い。スピード狂の俺らしいセックスを知った女。早く帰ろうよあーあ。

アソコの準備が出来てないよ何でも早いってのも考えもんだなぁアイツの奥さん。なあ、直之、お前スワッピングに興味はないか?アイツにそう言われた時、俺は驚いた。たぶん冗談だろうと思ったのだ。が、いつになく真剣な様子のアイツは本気のようだった。スワッピングとは夫婦交換、すなわちお互いのパートナーを取り替えて楽しむアブないプレイだ。
小指の先ほどの濃い桜色をした乳首が顔を出している
小指の先ほどの濃い桜色をした乳首が顔を出している

尻穴に突き込んできたのだった

愛撫はピタリと止まってしまうのです俺は冗談はよせ、と即答で断ろうかと思ったが思い直し、くれ、とその場は切り上げることにした。考える時間を。じゃあ加奈子さんとも相談してなるべく早く返事をくれ。待ってるぞ。いい答えをそう言い残したアイツとスタンドバーで別れた後で、俺は冷静になって考え、こんなおいしい話があっていいのだろうか、と不思議な気持ちになった。俺は大松直之。45歳で小学校の教員をやっている。アイツと言うのは幼なじみで今でもとても仲の良い木村伸一郎という男だ。

いっぱい奴隷に見せつけましょう

小学校の頃から家が近くて家族ぐるみの付き合いをしていたのだが、お互い結婚して独立し家庭を持ったのも同じ町内で、今でもお互いの家に頻繁に行き来して親しく付き合っている。こんな事はちょっとないのではなかろうか。俺とアイツは性格も外見も好対照で、だからこそ昔からよくウマが合って、仲良くして来れたのではないかと思う。俺は真面目で平凡が取り柄のような人間で、背が低く太っている。最近では見事なメタボ体型になってしまった。アイツは昔から器用で如才がなく、世の中をうまく渡っていくタイプの人間だ。そそくさと下着から足を抜き

男根が依然として逞しくそそり立ち

肉棒をあてがう

射精しちやうんです
三人の女に両の乳首と肉根を吸われ

喉がヒリ付くように痛い気がした。リキさん、肩はコリ、手には、ネットリと汗をかいている。少しばかりの後ろめたさも感じつつ、3本目の缶コーヒーを、ちびりと飲み下す。さすがだよな、あの人。刑事ってのは、こういうことも知っているのか。独り言が出ていた。待っている間、必要になるよと、断る牧野にむりやり車に置いていってくれた缶コーヒーだ。喉がヒリヒリする緊張に、一つ、また一つ、と開けて、三本目が空になろうとしていた。

チンポの赤ちゃんを産み落としていたのです

まるで、それ自体が呪術の仕草のように缶コーヒーを口に運び、その度に、ダッシュボードの時計をチラリと見る。手にした携帯は、汗でヌルヌルと滑っている。時折、掌と、携帯をダッシュボードに置いた。ティッシュで拭わねばならない。その度ごとに、二つ折りの携帯をパチリと開いては、着信がないことを確かめずにはいられ有力l1た。3時間が経過したその瞬間にも、まだ、迷いがあった。

そういって彼女の口元にペニスを差し出した

大丈夫だ。と、リキの、あの低く響く声が電話から聞こえてくるのではないか。しかし、約束の3時間を、さらに10分過ぎて、ようやく決心がついた。胸騒ぎは、もはや確信になったと言える。牧野は、震える指を押さえるようにして、山鹿の名前を呼び出していた。おお、男君か?リキと携帯を交換しておいたのだ。知らない番号からの電話に、気軽に出てくれるとも思えないからだ。下着をまるで着けておらず

下着をベトベトに濡らしている超美形の若妻に出迎えられたら

その点、一応は、連絡しろと自分が命じた男の番号なら、でないわけはないの。いえ、あの、えっと。しかし、間が悪かったせいなのだろうか、横柄な声が不機嫌さを隠そうともしていない。きなりの反応に、とっさに牧野は口ごもる。相手は異変を察したようだ。君は誰だね?男君じゃあるまい?い怜悧な官僚の声が、誰何する。えっと、あの男刑事から、頼まれて電話しました。

乳首めがけて発射される
処女性を奪われ

ペニスをシコッコとしごきながら

レイプされながらだったり手のひらの汗は、ねっとりと感じられていた。果たして、事情をわかってくれるのか。緊張と不安で、牧野の舌がなかなか言葉を紡いではくれなかった。蟷螂の斧。いざという時のために、時間を決めておいたのです。ほう、時間をね。いったいどういうことなの?それに、熱のない相手だな、と牧野は思ったが、リキの指示どおりヤルしかない。あっても、男刑事に言われた、と言った瞬間、話が通じたのだ。

時折り初々しい亀頭に絡みつき

きっと、リキさん以外から電話で、向こうも半信半疑なんだろ。一応では牧野はそう思おうとした。だから、いきさつをていねいに説明せざるを得ず、核心に入るまで、たっぷり、3分はかかってしまった。牧野の胸は焦りで、激しい鼓動を打ち続けている。トラブルが起きて、連絡が取れなくなったら連中に捕まったと思ってくれ、と。無事なら、す。くなくとも、呼び出し音が一度は鳴るはずなのです。

ペニスは最高よおおおっ

志保美の尻のほうにまわった

ツだけなのです。どこかが-45れてるのではないかと疑われてもおかしくない格好でした。でも私は本当に頭がおかしくなってしまいそうなくらい猛烈にコーフンして、淫らな歓びがゾクゾクと股間を突き上げて来るのを感じていました。燃え上がる下半身に冷たい外気がとても気持ち良いのです。こういうのを露出狂って言うんでしょうか。完全にアブない人になってしまってる私は、もう立派なヘンタイだわと思いました。学校まで乗って行く自転車のサドルを見ると、おかしいくらいドキドキしちゃいます。

裸の下半身もさることながら

陽介君とお付き合いを始めて、どんどんえっちになって行く私は、いつもサドルとアソコが擦れるのを楽しんでしまうのですが、ミニスカを気にしながらまたがった瞬間、いつになく素晴らしい感触を覚えて慄然としてしまいました。がんばってこぎ始めると、まるでオナニーをしているような心地良さに包まれて、途中で何度もイキそうになり慌てて止まらねばならない始末です。こんな所で彼との約束を破りイッテしまったのでは、これまでの苦労が水の泡と思い、私は歯を喰い縛って快感を堪えました。それにしても自転車のサドルに愛されるのはとても刺激的で、これなら明日からは登下校の間、自転車上で何度もイクことが出来るかも知れません。そんなことを考えてしまう私は、もう彼のことをヘンタイだなんてバカには出来ません。

 

バイブとどっちが気持ちええではもう一つ質問や

彼女はなおも佐伯のペニスにむしゃぶりついていた調教から逃れたということに拘り

絶対人には言えないけど、ヘンタイって何てスバラシイのでしょうか。さて少し遅れてしまったけれど、まだほとんど誰もいない早朝の学校で、私は陽介君と落ち合います。いつもの校舎の陰で会うなり、彼は私の露出狂そのものの激ヤバミニスカを見てホメてくれました。マジで、そんな格好で来てくれたんだね、いよ、コブタちゃん。嬉しいなあ。とってもかわい陽介君良かった、喜んでくれて…。

発情して赤みを帯びた乳首がさあ本心からそう話す私の声はおかしいくらいに慄えてしまい、彼のギラギラした視線を痛いくらい感じるミニスカの裾を手で押さえたい気持ちに駆られました。これからとるえっちなポーズを考えれば無意味でしたが、好きな男の子の前で私のすり減った羞恥心が最大限に働いたのでしょう。紅生姜みたいに真っ赤に染まった顔も、爆発しそうにドキドキと高鳴る心臓も、露出した下半身が激しくワナワナと慄えちゃうのも、元には戻りませ--ああ、死ぬほどハズカシイよ、陽介君。そんなに見ないでぅぅん、ホントはもっと見て欲しいの。私のフトモモ、ムッチムチでおいしそうでしょ。
オチンチン舐めたら許してくれるって言ったじゃん
オチンチン舐めたら許してくれるって言ったじゃん

オマンコ気持ちいいー

ペニスを膣に突っこむだけがセックスではないんだということをそれに陽介君の大好きなイチゴパンツ、もうベチョベチョなの私は叫びだしたくなるような激情に駆られながら、彼の前に中腰でしゃがみ込むとお相撲さんのようにガバッとおマタを広げるいつものえっちポーズを取りました。今日のスカートだと嬉しいことに、イチゴパンツがもう全開、モロ見えです。そしていつもの癖で股間に手をやってしまった。私は陽介君に注意されてしまいました。ダメだよ。まだおあずけだ。私が慌てて手を引っ込めると、入れ替わるように彼の手がイチゴパンツに触れて来ました。

両手でやわやわと揉むと一方の手を綾の股間に這わせた

あれえ?ビチョビチョじゃん。してないよ、オナニーなんか。オナニーしない約束だったのに。ホントにぃ?じゃなんでこんなビッチャンコなの?そ、それは自転車がすごく気持ち良くて…。コブタちゃんも立派なタイになってくれたんだね、嬉しいよ。…ありがとう。陽介君に言われると、タイも悪くないかなと思っちゃうのが不思議です。さあ、朝のミルクだよ。陽介君がズボソのチャックを開けておちんちんを摘み出してくれましスゴイ!もうカチカチになってる。ペニスをねっとりとしゃぶり上げている千恵利の悩まし過ぎる痴態にやられた俺は

切なげな表情さえ浮かべたのだ股間からプチュンと

汗で濡れた服やエプロン下着を全部脱ぎ捨てたえみりんが

そのぶん指と膣壁のエロティックな摩擦感が強い
ベッドに仰向けに寝かされた佳代子は11人がかりで、手首を縛られそれぞれ斜め上に引き上げられて、万歳をする形で再び拘束された。足首には枷をつけられ、それを1メートルほどの黒い棒状の両端に金具で固定され、再び開脚も強いられている。その上で、志乃が命じたのはユキに佳代子の顔の上にしゃがみこむといぅことだった。目を開くと、薄オレソン色の光の中、ユキの無毛の性器が本当にすぐ目の前にあった。内部のピンク色をおびただしい愛液がにじませている。

そうよね。本当の奴隷とはそういうもの。お姉さんは、誰が相手でもイッちやう淫乱なバイのただのマゾ女だってこと、私たちが証明してあげるわ。紺野さんの奴隷に立候補するなんて百年早いってことをね。この志乃という女と紺野との関係はまるで見えなかったが、それでも敵意剥き出しであることだけは確かだった。ああ、だめまたイクう。どこが気持ちいいか言うのよ。その敵意と正反対の優しいささやきを耳元でしたかと思うと。
ンのなかではちきれんばかりに勃起している

男根を飲み込む妻の表情には

ほら、おまんこ気持ちいいって言ってごらんなさい。人前で言ったのは前回紺野に対してがはじめての淫らな四文字を、はいともたやすくはっきりと口にする。志乃女性の口から出たその言葉を耳にしたことで、佳代子は一気に追いつめられた。気持ちいいです、おまんこ。おっぱいも、おまんこも気持ちいい、ああイキそうです。おまんこってイクまで言い続けてご覧、もっと大きな声で。

子宮に感じる


セックスしてますっ

ああ、おまんこ…、おまんこおまんこおまんこ、おまんこ、イッちやう、おまんこイクぅーし正面のテーブルに置かれたビデオカメラの前面の赤ラ。プが、録していることを示していた。全てを記クールな顔で、カメラのフラッシュを焚く紺野が恨めしかった。目を閉じない。いやぁ。しっかり見なさい。命令したのは志乃で、抗議の声を上げたのはユキである。しかし、命令されたのは佳代子だった。佳代子はその後も何回も絶頂に追い込まれた椅子から開放されると、四つかつんばいで志乃に髪の毛を掴まれて這い歩かされて、寝室へと連れてこらその様子をユキが後方からビデオカメラに捉えていたのは言うまでもな紺野は。俺はシャワー浴びてくるから、やってろ。と、言い残し浴室と思しきドアへと消えた。
挿入するより抜き取る時の方が

中出ししてやれないくせに

ベッドに仰向けに寝かされた佳代子は11人がかりで、手首を縛られそれぞれ斜め上に引き上げられて、万歳をする形で再び拘束された。足首には枷をつけられ、それを1メートルほどの黒い棒状の両端に金具で固定され、再び開脚も強いられている。その上で、志乃が命じたのはユキに佳代子の顔の上にしゃがみこむといぅことだった。目を開くと、薄オレソン色の光の中、ユキの無毛の性器が本当にすぐ目の前にあった。内部のピンク色をおびただしい愛液がにじませている。

股間の状態に唖然としてしまいました


子宮を痙攣させる
舐めなさい。さっき散々イカせてもらったお礼をするのよ。まずは濡れやすいユキちゃんのジュースを音たてて啜ってご覧。目を開いてそこを見たことを確認するや志乃の次の命令が飛んできた。佳代子の顔の上で、ユキは向こう側を向いてしゃがんでいた。命令、というものに佳代子はすっかり逆らえなくなっていた。顔を少し上げて、唇を寄せて本当にズズツーという音をたてて、ユキの性器の中心部を吸った。
女子高生に戻った恭子さんが

セックスの欲求が高まって指で慰めているとき

うっすらと開いたラビアの間に見えるさらに小さなピンク色の狭間の部分だ。あ、あっ、いや。ユキが声をあげると、縛られて命令をされているのは自分の方なのに、そのことがどこかに吹き飛んだように、佳代子は積極的にその部分をより強く啜りたてた上で、舌を出して内部をさぐるように舐めてみたりもした。あ、あん。さらにユキの声が甘くなる。そうねぇ、さっきも言ったけれどこの子、ユキは、紺野さんの奴隷になって以来、他の人にイカされたことないのよ。もし、もしあなたがユキをイカせることが出来たら、ご褒美に紺野さんに入れてもらってもいいわよ紺野さんにオマンコしてもらえるの。それってあなたにはわかんないかもだけど、凄いことなのよね?ユキ。

射精まで持っていかれる

真一郎は人妻教師への未練に懊悩の日々を繰り返した

それは彼の肉棒でした

真柄は自身の情報に相手が食いつき、情報元に話が及ぶと企業秘密、ノーコメントと記者倫理をひけらかすことをひそかな誇りとしていた。憶測まじりの的外れな話もあり、記者倫理もなにもあったものではないが、真柄は自分なりに筋を通しているつもりなのだろう。都市整備局長への異動の条件があって、それが犬猿の仲の工務部長の岩井さんとの和解。あの二人が和解やなんてウソみたいな話やけど、二人のバックにいる市会議員がすすめてるらしい。今のままやと伊知地局長の異動に岩井部長を支援する議員が横槍を入れる。

高見は独身だが彼女は人妻だから高見と綾の付き合いはもう10年ちかくなる

議員の思惑がからんでるだけに、副市長が調整するにしてもおいそれとはいかない。そうは言うても議員は政治家だけに互いの利益になることであればメンツにこだわっていない。裏で手を握るといった芸当ができる。ところが当人同士は水道局をまきこんでの確執となっているため、議員から言われたからと言うてハイそうですかというわけにはいかない。辛いところや。それで和解するについては岩井部長にも何らかのメリットが必要やろうということになって、異例中の異例ゃけど伊知地局長の後に岩井部長をもってこようという人事案が出てきた。そんなことしたら事務系がおさまらんやろう。

 

たまりかねたようにいいながらペニスを手にして揺するじゃあ今日は勢津子が大活躍して

せかせかとクリトリスをこすったあとそう、そこや、問題は。伊知地局長にしても事務系ポストとして定着している水道局長を自身の異動と引き換えに技術系に差し出したとなると、この世界ではやっていけない。伊知地さんはそんなことは百も承知していて、そういう条件なら異動を受けないと言うてるらしい。層部の決めた異動を蹴れば、水道局長から外郭団体に出てそれで一丁上がりになるんやない。そこが悩ましいところや。受ければ事務系から爪弾き。受けなければ体のいい島流しで役人生活のピリオドを迎える。

彼女は正之とのセックスを心から楽しんだ経験は乏しい伊知地局長にすれば岩井部長が水道局長を辞退し、事務系が引きつづき水道局長を占めるのがもっとも望ましい。ところが、伊知地局長が土下座して頼んでもそんなことにはならない。技術系にすれば事務系に奪われて以後、悲願の水道局長の椅子が目の前に現われたんやから。二人の和解の取引としてたまたま浮上してきたように見えるけど、技術系のOBらが知り合いの市会議員に地道に働きかけてきたことも大きい。市役所内の技術系職員の親睦会があり、またOB会はOBの勤務先企業を巻き込んで水道一家としての気風を残している。

挿入されるはず

トイレをするみたいにお尻の穴を今回のことで技術系集団がまとまって水道局長ポストを奪還しようと動いていて、さすがの事務系もちょっと手を焼いているというところ。事務系は議会を含め上層部の動向に敏く、雲行きがあやしくなれば伊知地局長の個人的な問題にして手を引く。ということは、都市整備局長の話は聞こえはいいけど実現性が薄く、結局ところ伊知地さんは外郭団体行きということ。本人に選択させたような形をつくって外郭団体に行っていただくということに落ち着くのやないかな。伊知地さんが外郭団体に出た場合、水道局長のポストはどうなる?事務系から来ることに。

まるで自分がビデオの女性とセックスしている気分になる

もとお尻に当たりましたそこがまたややこしい話になってて、工務部長を水道局長にという人事草案を示したまま、伊知地局長が外に出たから言うて引っ込めるのかどうか。それなら事務系がおさまらないのでは。事務系は工務部長が水道局長に就いても二、三年で事務系に戻してもらえるなら工務部長の昇格を静観するというニュアンスをただよわせている。適齢期の事務系人材がいないということして。さすがやな、真柄さんは有力なニュースソースを抱えているものな。伊知地局長、このところ愛想がええやろう。外郭団体に出るにしても評判を良くしておかないと条件のええところに世話してもらえない。