下着をまるで着けておらず

入浴中に指やシャワーを使ってするオナニーだったといっても完全に解消できるわけでは

ゆっくりと仰向けになった和花の着物は、すっかりはだけ、こじんまりとしたヘソも、陰りを失ってしまった秘部も、どきりとした柔らかさを見せている。そして、上を向いた瞬間にはだけてしまった胸元は、手を誘うように、わずかに揺らぐ。恥ずかしくて、ああ、ゆるして。左の乳房がすっかりまろび出て、男の着物を押さえる代わりに、自由な両手で、その白い顔を覆った。ついさっきまで、その羞恥の中心は男に触れて欲しくて仕方がなかったはずだった。しかし、触って欲しい気持ちと、男の視線を受ける羞恥の狭間で、その張りつめた太腿は、かたく閉じられている。

記録の邪魔になる女性ホルモンをセックスで解消してやってるんだからなう

覆い隠してくれるはずの茂みは影も形もない。そう、そこに茂みがあるはずだと言うことも和花の頭には浮かばない。ただ、和花の頭に浮かぶのは、むき出しになっている恥ずかしい亀裂の始まりが、男の視線にさらされてしまうということだけだ。ああ、あなた以外の人に、見られてしまった。恋人に見られているのに、なぜ、こんなに絶望感があるのか、和花にはわからない。

 

ヘソにつきそうなほどに勃起した巧のモノを見ると

牧瀬は驚いた人妻の身で誘ってきたのはあの女の尻尾を捕まえた……

人妻の和花は、セックスだってたっぷりと経験しているのだ。恋人に見られるのが、なぜこんなに恥ずかしく、もの悲しいのかわからない。和花の悩乱を表して、和花の膝は、山崎の目から秘所を隠すように固く閉ざされている。さあ、そのオッパイを出してごらん。山崎の物言いは柔らかいが、そこには拒否を許さない厳しさが込められている。もちろん和花は抵抗しようという気持ちが起きるはずがない。

下着の見えそうなスカートをはいてる所は見られないようにしていたのですもの悲しい恥ずかしさの中で、細い手が着物をすっかりはだけてしまう。人妻特有の、芯まで蕩けそうな柔らかさを見せる、豊かな両胸だ。の光が差し込む茶室で男の目にさらされた瞬間だった。うん、大きさも十分。形も良い。人妻の白い膨らみが、昼形の崩れていない和花の胸は、重力に逆らってそそり立ち、くもない茶室の中だ。和花が感じてしまっている証拠だった。恥ずかしい。乳首までツンと尖っている。
人妻だ
人妻だ

膣内を擦るくらいどうってことないだろうという反応をするのだ

というイメージがぴったりの美千子がペニスを舐めまわしたり咥えてしごいたりするその寒頬を真っ赤に染めながら、それでも、すっかりはだけた着物に包まれるように、和花の豊かな姿態は、山崎の視姦に曝される。和花の脇に座り直した山崎は、その唇をゆっくりと胸元に降ろしてきた。まだ唇が肌に触れぬうちから、和花の唇から、おののきに似た声が漏れる。その声は、間もなく、ヒィと息を詰めるような声へと変わる。山崎の唇が、胸の谷間に、そっと触れたせいだった。あっ、あっ、あっ。そっと滑らせるように動く唇は、乳房の八合目にまで達せぬうちに、和花の唇から、淫楽のうめきを絞り出していた。

オマンコなんて言 葉

初めて経験する足への愛撫に和花の身体は焦らされた。今また、ゆったりと、たゆたうような愛撫を敏感な胸に受けては、これ以上ないほど焦れてしまうことになる。和花の身体は小刻みに震えだしていた。背中をひねるようにして、右胸を突き上げている。先端を、恋人の唇を誘うかのごとく差し出していた。ああ、ああ、あううう、ああ、だめえ。甘やかな声が響く。いま静香先生のマンコのなかに入っている

ペニスをギンギに

彼女は咄嗟にのけ反った勢いでデスクの端にお尻をぶつけたが

処女膜確認した紫織ちゃんのお母様よ
股間を硬直させていた

背後から乳房を撫で回していた男がひさしぶりに口を開いた。恥ずかしい死んでしまいそうなくらい恥ずかしいけど。ああ、どうして?、変なの…わたしの体き、気持ちいいの。美穂は薄汚い男の視線に甘美な刺激を感じてしまう体に戸惑いながら言った。見られて感じてるのか?、いやらしい女だな、美穂は。止めてそんな…そんなこと言わないで…。だって、ホントのことだろほら。

射精していたんだから

男は美穂の秘部に両手を滑り込ませると、花唇の両脇に指を添え、ゆっくりと花唇を開いていった。美穂は沸き上がる強烈な羞恥心に震え上がった。しかし同時にホームレスの視線が広げられた花唇の内部に突き刺さるのを感じ、鮮烈な快感が美穂の全身を駆け抜けた。男はさらに人差し指と中指で愛液に塗れた内側の花弁を開き、ロまでも剥き出しにした。情け容赦なく美穂の秘孔の入美穂は狂いそうなほどの恥ずかしさと激しい昂ぶりに見舞われ、に切なげに喘ぎ始めた。

オッパイはやめて

言葉では拒みながらも次第ホームレスの熱い視線は露わになった入口の襞の一枚一枚に潜り込み、美穂を視姦の快楽へと巻き込んでいく。美穂の肉襞は男の視線に応えるようにヒクヒクと蠢き、愛液を垂れ流して。美穂、どうだ、感じるだろう?男が美穂の耳元で囁くと。駄目っど、どうしてぇ…ああんこんな感じるの?はああっ美穂は艶めかしい喘ぎ混じりに言った。美穂にはまったく愛撫されていないにも関わらず激しく昂ぶっていく自分の体が信じられなかった。セックスを楽しみ

オマンコを見せられながら

短時間のうちに男に体を淫らに作り変えられてしまったような気がした。さぁ美穂、たっぷりと愉しむんだし男は美穂の肉唇を左右にくつろげたまま、を始めた。親指で肉芽を剥き上げると転がすようにして愛撫。うあっはぁあ…。ああっ。美穂の唇からあからさまな悦びの声が迸った。ンクリートの床に滴り落ちる。下半身が激しくわななき、溢れ出た花蜜がコ男の指が肉芽を押し潰すようにして捏ね回すと美穂の声はたちまち甘い絶叫へと変わる。

犯される側が奴隷って感じだと思うよな
アナルにも興味を示した

セックスレスになっても夫は梨沙子にやさしい夫が愛情を持ってくれているのは梨沙子自

バイブを味わい訪れた絶頂は男の指に嬲られる悦びと、ホームレスにその様子を覗かれる昂ぶりとで、間に快楽の頂点へと追い詰められていく。美穂はあっという。美穂、思い切りイッてごらん。そして撫男はさらに美穂を追い詰めるべく、両手を一旦外すと左手の指先を陰裂へ埋めた。で擦るように愛撫しながら、さらに右手の指先でくるくると陰核を捏ね回す。ああも、もうああんっ…-駄目イク·…もうイッちゃう!美穂はひときわ大きな声で叫んだ。男が指先の動きを激しくすると。うああイクイクぅぅぅっはぁああっ!

挿入しちやうんです

美穂は勢い良く顔を仰向けると、全身をガクガクと痙攣させながら絶頂へと駆け上がって行。どうだ美穂、イッた感想は。美穂の体から力が抜け、ぐったりとしてしまうと男は嗄れた声を美穂の耳に注いだ。あっ…よ、良かった…わすご…くか、感じた…。こんなところでイッちやうなんて、美穂はスケベだな。ああそんそんなこと言わないで。美穂の端整な顔が羞恥に歪む。

乳首には

静香がいやいや肉棒を咥えたのは明らかだ

彼の股間の上で
今こそ、そのときだわ。女の敵を、警察に突き出してやる!理紗は胸の前で重ねている両手を、自分の尻へまわそうとした。を下げようとしても、周囲の人の壁にぶつかってしまう。まわりの人との間隔が、急にせばまったみたいだわ。だが腕とも思ったが、他の乗客たちが痴漢に協力しているとは考えられない。

あのころは、わたしも好きな先生のことばかり考えていたわね。わたしが泉美さんにそういうふうに思われているのなら、やっぱりうれしいわ。理紗は尻に、これは。異質な接触を感じた。人間の手であることは間違いない。尻を包むライトブルーのスカートの上から、五本の指を広げた手がぺったりと触れている。今までも理紗の身体と周囲の乗客の身体は、密着している。
マンコのなかが気持ちいいですぅ……

洋子がペニスから口を離して喘いだ

誰かの手がスーツの腹や背中に何度も触れたが、満員電車の中だからしかたがないと意識の外へやっていた。だが尻に触れる手には、アクシデ。トではなく、感じた。警報が、理紗の中で大きく鳴り響く。まさか、痴漢!?でも。はっきりとした意志を痴漢冤罪の悲惨なニュースは、何度も見ている。と車両の揺れのなせることかもしれない。この不審な手も、混雑そう懸念した途端に、手が動きだした。

アナルオルガ私立の顕能高校は週五日制ではないので


ペニスの先端を濡れた粘膜にあてがい

虫があたりを探りながら這うように、五本の指が細かく蠢いて、尻たぶの曲面をまさぐりだす。理紗の背筋を、冷たい嫌悪感が駆け昇った。間違いない。痴漢だわ!痴漢に遭遇した女性が、恐怖のあまり、身体が硬直してなにもできなくなるという体験談を、理紗も聞いていた。そのたびに理紗は怒りに燃えた。自分は痴漢に怯えることはない。必ず捕まえてやる、と決意をくりかえしたものだった。
ペニスをギンギに

アナルにバイブレーターを入れてしまったら

今こそ、そのときだわ。女の敵を、警察に突き出してやる!理紗は胸の前で重ねている両手を、自分の尻へまわそうとした。を下げようとしても、周囲の人の壁にぶつかってしまう。まわりの人との間隔が、急にせばまったみたいだわ。だが腕とも思ったが、他の乗客たちが痴漢に協力しているとは考えられない。

夫の愛撫が一番感じるに決まってるもの


湿った指が乳首を刺激するたびに
手が使えないなら、大声を出すしかない、と理紗は決意した。しかし喉もとまで出かかった声が、異様な触感にせき止められた。膝下まであるスカートの裾の中で、右足の太腿の内側に、冷たいものが触れた。冷たく、硬く、薄い物体だ。本能が、肌が粟立つような危険を警告した。これは剃刀!剃刀の刃が、内腿に当てられているんだわ!
チンポをねじ込む美由紀の

バイブレータを

全身が痺れるような冷たい恐怖に襲われる。それでも理紗は、背後に目をやらないではいられなかった。本能が、今度は恐怖の源泉の確認を求め。この男が…。ねじった視界に入ったのは、古くさい漫画から飛び出したような顔だった。野球帽の下で、黒々した大きなサ。グラスが光を反射して、目を完全に隠している。鼻と口も花粉症用の白いマスクで覆われて、まったく人相はわからない。